【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2016年06月30日

授業のはじめに文法・語法の確認

大学で英語を教えて3年目です。うまくできていないなと反省することも多いですが、できる範囲で工夫を取り入れていと思っています。

自分の場合、教科書を使用しないでウェブ上の動画や音声を教材にしているのですが、最近は授業のはじめに文法や語法を確認する問題を取り入れることにしました。そこで確認した文法事項や語句がその後の教材に出てくるような構成にしています。文法・語法の問題だけやると、ただ覚えるだけという気持ちになっていまうかもしれませんし、かといってリスニングに集中するとそこで出てきた表現はさらっと確認して終わりになったりする可能性もありますし、あまり内容理解の最中に細かい文法・語法の説明を聞く気にならないかもしれないと思ったので。最初に文法・語法問題をやると、その回でここは押さえておかないといけない箇所だと集中しやすいかなと考えました。

教材の中からどの部分を文法・語法問題として取り出すか、そしてそれをどう説明するかという部分は、自分が学んできた言語学・英語学が生きているなと思います。自分にとっては英語を学ぶこと、教えること、そして言語学の3つが有機的に結びついているなと感じました。場合によっては、授業で話したことをもとにブログの記事を書いてもいいんじゃないかなと思ったので、近いうちに何か書くかもしれません。
タグ:英語教育
posted by ダイスケ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443031551
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック