【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2015年05月15日

東大五月祭で言語学喫茶やります!

5月16日、17日の土日に、東京大学本郷キャンパスで五月祭が行われます。私の所属する言語学研究室では言語学喫茶を出店することになりました!ちなみに、言語学研究室とは、文学部の言語学専修課程と大学院人文社会系研究科の言語学専門分野をひとまとめにしたものです。こちらは、言語学研究室のキャラクターLinguistくん(顔がアルファベットでできています)。
Linguist.jpg

2015年度第88回東京大学五月祭
■言語学喫茶■

日にち:5月16日(土)・17日(日)
場所:法文1号館(西)3階文316
時間:終日
地図など詳しくはこちら

言語学喫茶では、モルスというロシアのベリージュースなど、海外の珍しい食べ物や飲み物を提供する一方、いろんな言語のあいさつを紹介したり、言語学がどんなものか、学生はどんな研究をしているのかなどをポスターにして展示します。ポスターは言語や言語学について素朴な疑問に答えるものから、本格的な研究紹介まであります。言語学研究室では、扱う言語も研究方法もさまざまですが、それぞれがどんなことをしていて、どんなところをおもしろく思っているのか、伝わればいいなと思います。以下の9つのポスターがあります。

●言語学ってそもそも何なの?
●6分くらいで分かるかもしれない標準語と関西弁のアクセント
●北方ユーラシアの諸言語
●言語の数体系
●楔形文字の歴史
●イディッシュ語とその歴史
●New interpretations: Recognizing the non-canonical subject in modern Standard Arabic
●言語学的に英語を見てみよう―認知言語学の視点から―

ぜひ近くの学生と話をしてみてください。私の担当は「言語学的に英語を見てみよう―認知言語学の視点から―」です。言語学って何?文法って何?英語学って何?認知言語学って何?認知言語学的な文法研究って何?というのを書いています。私が部屋にいるときは、直接ご紹介します(土曜日午後と日曜日午前はだいたいいると思います)。

TwitterFacebookのアカウントもあるので、よろしければそちらもどうぞ。以下のように、言語学喫茶の情報をお伝えしています。楔形文字を書く体験もできますよ!

高校生から大人、大学院生まで幅広く楽しめる企画になっていると思いますので、お時間ある方は、ぜひお越しください!(前日のお知らせですみません^^;)

関連記事:
5月の思い出
ラベル:言語学 日記
posted by ダイスケ at 00:33| Comment(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。