【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2014年02月26日

東京・品川行き、間もなくの発車です

先日、後輩の大学院生といっしょに居酒屋で飲んでいたら、店員に話しかけられた。「お客様、言語にお詳しいようですが、あちらのお客様がお聞きしたいことがあるとおっしゃっていまして」とのことだった。

飲みに行っても、話題はやはり言語に関することが多い。そんな会話を聞いていた別の客が、日頃のことばに関する疑問を聞いてみたいと思ったようだ。居酒屋の常連客らしいその客がこっちのほうを向いて直接質問をしてきた。

質問の内容は、駅員が「東京・品川行き、間もなくの発車です」と言っているのを聞くが、その日本語は間違っているのではないか、ということであった。気になるのは「間もなくの発車」の部分らしい。「間もなく発車します」はいいが、「間もなくの発車(です)」はおかしく感じられる、というのだ。

今まで考えたことはなかったが、なかなかおもしろいことだなと思った。「XのY」という表現を考えた場合、典型的にはXとYの両方に名詞がくる。「太郎の息子」「花子の本」「次朗の到着」などである。しかし、「間もなくの発車」の場合、Xの位置にある「間もなく」は名詞ではない。「間もなく」は、「間もなく出発する」という言い方が可能なように動詞修飾をしていて、かつ活用しないので副詞だと考えてよいだろう。(「間もなく」はもともとは「間+も+なく」から成り立っていると思うが、ここではこれで一語扱いをする)

「わざと間違える」「やむなく中止する」(副詞+動詞)と言えても、「わざとの間違い」「やむなくの中止」(副詞+の+名詞)とはちょっと言いづらいように、「XのY」の表現においてXが副詞のパターンは不自然になるように思える。ただ、一部の副詞の場合そのような表現もある程度許容されるようだ。

(1) 突然の訪問をお許しください。(cf. 突然訪問する)
(2) ゆっくりの演奏ではつまらない。(cf. ゆっくり演奏する)
(3) なんとなくの読書では内容が頭に入らない。(cf. なんとなく読書する)

(1)-(3)は自分で考えた例文だが、みなさんにとってはいかがだろうか。自分としてはあまり違和感なく使える表現だが、人によってはややインフォーマルな印象をもったり、あるいは不自然だと感じるだろう。逆にまったく問題ないという人もいるかもしれない(個人的には特に(1)は自然な気がする)。(1)や(2)のように、動作の時間や速度に関するものについては比較的言いやすいような気がするが、どうなんだろう。今後も考えてみたいと思った。

居酒屋ではここまでちゃんとした提示はしなかったが、質問をしてきた客に次の3点は伝えた。

(a) 他にも「副詞+の+名詞」という表現はあること
(b) だから「間もなくの発車」は間違いとまでは言えないかもしれないこと
(c) 「間もなくの発車」は自分としてはそれほど違和感がないが、「間もなく発車する」に比べたらやや不自然かもしれないこと

そんな感じで、自分としては誠実に答えたつもりだったし、相手もなるほどという顔をしていたのだが、あとでその人が店員と会話するのを聞いて、複雑な気持ちになってしまった。店員が「疑問は解決されましたか」と言うと、客は「ええ。やはりちょっとおかしいと言っていました」と答えていた。たしかに、「やや不自然かもしれない」とは言ったがそれだけを言ったわけではないし、ちゃんと言ったことが伝わっていなかったかなとも思った。しかし、その客にとってはその表現が正しいか間違っているかに関心があり、しかも単に間違っているというサポートがほしいだけだったのかもしれない。だとしたら、そのような答え方になってしまうのもしょうがない。残念ではあるけど。

よく誤解されるが、言語学は言語の実態を解明するのが目的であり、テストの採点者のようにある表現が正しいか間違いかを決めるのは守備範囲ではない。だから、ちょっと気になることばづかいに対しても、ことばの乱れだと怒るのではなくて、そこにどんな仕組みがあるのだろうと身を乗り出すのが言語学者である。言語学の考え方に慣れた自分にとっては、単に正誤のみを問題にされるとさびしい気持ちになる。それが一般的なことばへの関心なのかもしれないが、正誤以外にもことばへの接し方があることを発信できたらいいなというのは、考えてみればブログを始めたきっかけでもある。そんなことを思い出したやりとりだった。

それにしても、案外他人に会話って聞かれているものなんだな。「身体部位所有者上昇構文」などの怪しい用語で盛り上がっていた人たちに、よく質問してみる気になったなと思った(笑)。
ラベル:誤用 日本語 日記
posted by ダイスケ at 21:28| Comment(10) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Joschlです。また立ち寄ってみました。正しいか否かだけ問えば、現在の実用文法では間違いということになるでしょう。だけれども、言語は変化するものですから、何か変化が起こっている一場面を捉えたのかも知れませんね。「出発」という単語も漢語として名詞的にも動詞的にも姿を変えることができるということにも目を向けると面白いと思います。出発を「名詞」的にみれば、それに形容詞や形容動詞以外の付加語を付けたければ「の」の助けを借りるしかないのでと思います。もちろん「無く」は「無い」の副詞形なので、「間も無い出発」と言えば文法的には正しいことになりますが... だけれども「出発」を動詞的にみる傾向も劣らずあるとすると、副詞形「無く」が不可欠になりますね。「間の無くの発車」という表現はある意味で欲張りな表現ですよね。「発車」を同時に名詞としても動詞としても扱いたい。「間も無く」を「副詞」的にも「付加語」的にも扱いたい(「の」の力を借りて)。「間も無くの発車」という表現を聞く者にとっては、二種の解釈が同時にチラチラしている感じになる。知覚心理学の実験でも「見方によってAにもBにも見える」という形がありますよね。それと似た現象が言語にもあると思います。この類のものは、認知言語学的に興味深いものではないでしょうか。
Posted by Joschl at 2014年03月15日 23:58
Joschlさん、久しぶりのコメントありがとうございます。今回の表現は、「XのY」という形で思い浮かぶ表現の中でも典型的なものではないと思いますし、人によって判断に揺れがあったりしそうですね。

「発車」が動詞的な性質を備えた名詞であるのは、おっしゃる通りです。モノを表す名詞は「-する」を付加できないですが(「電車する」などの表現は通常不可)、動作や出来事を表す名詞では「発車」や「到着」ではそれができる(「発車する」「到着する」など)ことからもその違いはわかります。では、名詞「発車」と動詞「発車する」ではどう意味が違うのか、このあたりの問題は、認知言語学でも議論されるテーマです。

「間もなく」のような副詞表現を利用したいなら動詞を使えばいい気がするのですが、なぜあえて「の」の助けを借りてまで名詞を選択する必要があるのか、というのがおもしろいと感じています。この点については、少し考えていることがあるので、またブログで取り上げてみたいと思っています。
Posted by ダイスケ at 2014年03月19日 02:26
「間もなく」とか「何となく」というのはイディオム化の度合いがかなり強いのではないでしょうかね。「間も無くの発車」という表現の方が「まもない発車」という表現より自然に聞こえる方もいらっしゃるかもしれませんし、句全体で「間も無く」と「間もない」の意味に差が出てきているのかもしれませんね。「ない・なく」などの屈折に気を配るより、句全体を固めてそれに助詞を付ける方が簡単ということもあるでしょう。また「の」の文法的な守備範囲が広がって来ているからこそできることもありますね。話し手が発話中に頭の中で構文を無意識に替えているということもあるかも知れません。何れにせよ、心理言語学的に興味深い現象です。私はこういうの好きです。

このテーマは色々な角度から突けるものですけど、一般言語学での「品詞論」の中でも「どちらかと言うとX詞」という表現が可能な理論が必要であることはちょくちょく指摘されるものです。これは「理論的にLexiconの形体はどうあるべきか」という問題と直結していますしね。ダイスケさんは「英語学」がご専門でもConstruction Grammarに興味をお持ちな様なのでもうご存知かも知れませんが、類型論が専門のWilliam Croft氏の「Radical Construction Grammar」をお勧めします。ちなみに、日本語の名詞・形容詞・形容動詞の記述もありますよ。
Posted by Joschl at 2014年03月19日 18:22
再びの書き込み、ありがとうございます(「再びの書き込み」も「XのY」表現ですね)。
「間もなく」や「何となく」はかなりの程度イディオム化していますよね。実際、辞書にも副詞として登録されていることもあります。「間もない」という表現についていえば、ぼくにとっては「間もない発車」は不自然に聞こえますし、「忙しくてちゃんとあいさつする間もなかった」のような場合以外、なかなか「間もない」は使わない気がしました。

たしかに、単に「XのY」という表現にとどまらず、いろいろな問題を考えるきっかけになりそうです。Joschlさんは構文文法にもお詳しいようなので、ドイツ語の場合と対照させたりしてもおもしろい研究ができそうですね。
Posted by ダイスケ at 2014年03月21日 16:11
私個人としては「再びの書き込み」と言うより「再度の書き込み」と表現すると思います。「再度」は純粋に名詞として使えるし、統語論的に副詞句「再度書き込む」としても使えます。「間もない」については、ダイスケサンの仰る通りだと思います。統語論的に「付加」と「述部」の両方から「述部」専用に切り替わってきているのでしょう。でも、ダイスケサンが今回問題とされた表現はどんな経路で一般化していったのでしょうね。私個人としては「不思議な現象だなあ」と感じています。ドイツ語では、同じような現象があるか、パッと考えただけでは思い浮かびません。ダイスケさんに英語例があり、またその記事をお書きになったら、ドイツ語例を探してみようかと思います。私はダイスケサンたちに質問された飲み屋のお客さんに感謝しないといけないな感じてます。こういう事を考えさせてもらう機会を作ってくれて、有難く感じます。
Posted by Joschl at 2014年03月21日 17:46
やはり「XのY」表現は個人差も大きそうですね。ぼくは「再度の書き込み」のほうはむしろ使わなそうです。「再度」が名詞としても副詞としても用いられることと、「再度の書き込み」という句全体の容認度がどれくらい関係あるかは、なかなか難しい問題だと思います。

英語やドイツ語で同じ現象があるかと言われれば、ぼくも思い当たるものがありません。ただ、visit early(動詞+副詞)とearly visit(形容詞+名詞)のようなペアや、前置詞ofやvonの振る舞いについての分析は、直接対応する現象の研究ではないですが、参考になるところがあるかもしないと考えています。
Posted by ダイスケ at 2014年03月22日 01:29
ドイツ語の場合、形容詞が原形のまま接尾辞の助けを借りずに統語論的に副詞句として用いられることは多々あります。でも副詞が原形のまま接尾辞の助けを借りずに統語論的に付加語として用いられることはありません。その場合には「名詞 von 副詞」の形を取らないとなりません。しかも、この構文の許容範囲は、限られたものです(例: die gestrige Zeitung/die Zeitung von gestern) ドイツ語の場合、日本語の欲張りな「間も無くの発車」という様な構文は口語でも無理です。述部全体を名詞化することはドイツ語でも可能ですが、その場合には不定詞構文を使います。だから日本語で表現するなら「X(す)ること」という形になります。これはドイツ語の不定詞が、日本語の漢語と同じように名詞的にも動詞的にも取れるカメレオン的なものであることと関係しています。ドイツ語の分詞は、英語の分詞と比べると、名詞よりも形容詞に近いです。だからドイツ語の分詞の名詞化は形容詞的な解釈を介して行われます。ですから、分詞が名詞化されて使われる時は、付加語として用いられる形容詞と同じ語尾が付いています(der Vorsitzende/der Angeklagte/der Auszubildende)。
Posted by Joschl at 2014年03月22日 18:57
ドイツ語では「名詞 von 副詞」という表現もあるのですね。今まで見たことがなかったので、勉強になりました。英語ではyesterday's meetingとthe meeting yesterdayという表現がありますが、品詞や構文について考え直すよい機会になりました。

最後に挙げていただいたder Vorsitzende(議長)/ der Angeklagte(被告)/ der Auszubildende(訓練生)は、いずれも名詞ではありますが、出来事ではなく人間を表すものなので、これまで話題にしていたものと少しずれるかもしれないと思いました。
Posted by ダイスケ at 2014年03月22日 22:57
本来の話題から離れますが、ドイツ語の分詞は、人物を表すものでなければ名詞化できない訳ではわりませんよ。もちろんVergammeltes(腐った物)などもあります。文法的な性はこのような場合中性になります。現在分詞には「Xしている」という意味合いがあるので、自然と人物を表す単語が殆どでしょうが... 「海外を旅行の際」などの"post-syntactic compounds"も述部の動詞/名詞がチラチラする例でしょう。この類の例は、昔の生成文法よりもConstruction Grammarの方が手際良く記述できるでしょう。
Posted by Joschl at 2014年03月23日 00:31
Joshlさんとのやりとりを通して、「XのY」がかなり広がりのあるテーマになりうると改めて感じました。もとの話題からだいぶずれてきてしまいましたので、今回はこのあたりで一度区切りをつけることができればと思います。ありがとうございました。
Posted by ダイスケ at 2014年03月24日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。