【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2013年06月30日

英語の間接疑問とカンマ:間違いの背後にあるもの

先日、高校の授業で間接疑問を扱った。一般的に、疑問文が文の一部として取り込まれた場合、それは間接疑問と呼ばれる。たとえば、(1)は独立の疑問文だが、それを文の中に取り込むと(2)になる。

(1) Who is he?(彼は誰ですか)
(2) I don't know who he is.(私は彼が誰であるか知らない)

なお、whoやwhatなどの疑問詞を用いない疑問文を取り込む場合は、ifもしくはwhetherを用いる(ここでは、全部まとめて間接疑問として扱う)。

(3) He asked me if [whether] I was going back to Japan.(彼は私に日本へ帰るのかと尋ねた)

高校での間接疑問のポイントのひとつは、 独立の疑問文のときと異なり、平叙文と同じ語順になることだろう。というわけで、英作文の問題を出してみた。ちゃんとした語順で書けているか確認したかったが、やっぱりそのあたりの間違いが多かった。

あまり想定していなかったのは、途中にカンマ(, )を入れる生徒がいたことだ。(4)のような日本語を英語に直す場合、解答例として(5)の英文が挙げられるが、(6)のように書いてくる生徒がわりといた(もちろん、もっといろいろと間違えている生徒もいるが)。

(4) 今日郵便局が開いているかどうか教えていただけませんか。(問題)
(5) Could you tell me if the post office is open today?(解答例)
(6) Could you tell me, if the post office is open today?(誤答例)

英語では、この場合カンマは不要である。授業にはそのような例は出てこなかったはずだ。インプットの素材として与えるものが正しいものでも、いつの間にか思い込みや勘違いが入り込んでしまい、アウトプットの段階でおかしなことになっている、そしてそれに気づかないというのは、よくあることだ。講師になってからは特にそれを実感しているので、間違いが多そうなところは先回りして注意を促そうと思っているが(いつも先回りできるわけではないけど目標にはしている)、今回はそういう間違いの可能性に事前に気づけなかった。

もしかしたら、生徒は実際の会話を直接引用する場合(直接話法)と混同したのかもしれない。さきほどの(3)を直接話法で示すと(7)となり、カンマを必要とする。こういう混同があるなら、今度はそのあたりのことも説明しようかと思う。

(7) They asked me, "Are you going back to Japan?"

そして、個人的におもしろいなと思ったのは、実はドイツ語では(6)のような表現が正しいということだ。(4)の問題文をドイツ語にすると、(8)となる。

(8) Können Sie mir bitte sagen, ob die Post heute offen ist?

細かいところは置いておくとしても(können=can、sagen=tell、ob=if、heute=today、offen=openのような対応関係がある)、ドイツ語では、この場合カンマを用いるのがわかる。実際にこうやってカンマを使う言語もあるわけだから、生徒の間違いもそんなにおかしいものだとは言えなくなる。ドイツ語を母語とする人だったら、生徒と同じような英語の間違いをしているかもしれない。

生徒の英語の間違いは、一見すると、正確に覚えておらず、勘違いして勝手なことをしているだけのようにも思える。だが、その間違いは、(a) 似ている表現からの類推をしていたり、(b) 実際に言語としてはありえる(ただし英語にはない)ものを思いつくような、言語に関する鋭い直観を働かせた結果なのかもしれない。だとすれば、たとえ英語のテストでは間違いであったとしても、そこで使った発想は大事なものだと伝えたい。そういった発想でうまくいったりうまくいかなかったりという試行錯誤をすることで、そして、うまくいかなかったところは実際にはどう表現するのかをきちんと覚えることで、語学は上達するのだと思う。

関連記事:
大学の英語の授業について考える
the foreign minisiterという表現をみて、すぐに「外務大臣」だとわかるかどうか
posted by ダイスケ at 02:34| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。