【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2012年07月06日

「何の変哲もない」の「変哲」って?

あたりはまだ明るかったので、それは何の変哲もない黒い水辺の虫にしか見えなかったが、突撃隊はそれは間違いなく螢だと主張した。螢のことはよく知ってるんだ、と彼は言ったし、僕の方にはとくにそれを否定する理由も根拠もなかった。よろしい、それは螢なのだ。
村上春樹『ノルウェイの森(上)』講談社文庫 pp. 94-95.

日本語の勉強をしている外国人に、「何の変哲もない」という表現の意味を尋ねられたら、なんと答えるだろうか。自分の母語でも、急に尋ねられるとなかなかうまく答えられないものだが、落ち着けば〈変わったところがない〉などと答えられるだろう。

では、「変哲」の意味を尋ねられたらどうだろうか。これは返答に困る。おそらく、そんな質問をされるまで、「変哲」の意味なんて考えたことがないという人が多いだろう。人によっては、次のように考えるかもしれない。

(1) 「何の変哲もない」は、「何のXもない」+「変哲」(Xに「変哲」を入れる)という成り立ちをしている
(2) 「何のXもない」は〈Xがない〉ことを強調する表現である
(3) 「何の変哲もない」の意味〈変わったところがない〉から、「何のXもない」の意味〈Xがない〉を引き算すれば、「変哲」の意味〈変わったところ〉が導き出せる

『明鏡国語辞典』を引いてみても「普通と違っていること。変わっていること。」と書かれているので、そのような考え方は間違ってはいないのだろう。だが、「変哲」の意味を〈変わったところ〉と答えてよいのか戸惑う人もいるはずだ。たしかに、「何のXもない」という表現自体は他にたくさんあり、「何の変哲もない」もそのグループの一員であると言えそうだ。実際、(6)や(7)などは、意味も「何の変哲もない」にかなり近い。

(4) 何の違いもない
(5) 何の変化もない
(6) 何の特徴もない
(7) 何の面白味もない

しかし、これらと「何の変哲もない」が違うのは、「変哲」がほとんど「何の変哲もない」という形でしか使わないことである。(5)のように「変化」であれば、「何の変化もない」以外に「変化がある」「変化に気づく」など、他のことばとの組み合わせも可能であるが、「変哲」ではそのようなことがない。そのため、「変哲」単独の意味を知ることはあまり有意義ではなく、「何の変哲もない」全体の意味がわかればそれで十分であるとも言える。「変哲」の意味を尋ねてくる日本語学習者は、そうした事実を知らないかもしれないので、「変哲」の意味が何であるか以上に、「何の変哲もない」という決まった表現として用いることを伝える必要があるだろう。(まぁ、外国語学習では、必ずしも実用的でないことまで聞いてみたくなるので、もし実際に聞かれることがあったら、「変哲」の意味なんてしらなくていいよ、などと学習意欲をそぐようなことは言わないが)

同じような例は英語にもある。英語のby dint of ... は、「...によって、...の力で」を意味する表現だが、dintはこの形でしか用いられない。Longman Dictionary of Contemporary Englishでは、dint単独の意味は載せておらず、by dint of ... の意味と(8)の例文のみ載せている。そのため、dint単独ではなく、by dint of ... という形でしっかり覚えるべきである。

(8) By dint of hard work and persistence, she had got the job of manager.

ただ、dintはこれ以外のことばと結びつかなくても、by X of ... という表現は他にもある。

(9) by means of ...(...によって、...を使って)
(10) by virture of ...(...によって、...のおかげで)
(11) by reason of ...(...のために、...の理由で)

(9-11)は意味の上でもby dint of ...に似ているし、(10)などはby dint of... の代わりに使うことも場合によってはできるだろう。そのため、by dint of ... もby X of ... のグループに属していると言えるのだが、dintが他の表現に現れない点が、(9-11)と異なる。英語話者に尋ねたことはないが、dintの意味は何か聞いてみれば、日本人が「変哲」の意味を聞かれるのと同じような反応をするのではないかと思う。

私たちが言語の意味を考えるとき、漠然と【部分の意味を足し算すれば表現全体の意味が得られる】ように考えている。しかし、ここで取り上げた二つの表現は、「何のXもない」とby X of ... にそれぞれ「変哲」とdintを足しているかのような形をしているし、類似の成り立ちの表現と共通する意味があるのに、肝心のXの意味はわからないまま使われている。このことは、私たちは必ずしも部分の足し算をして表現をつくっているとは限らないこと、単独の語よりももっと大きい語句の方が意味の基本単位になりうることを示している。

「何の変哲もない」は、それこそ何の変哲もない表現だが、実は、言語にとって【語の足し算をするというのはどういうことなのか】【意味のありかはどこか】を考えるきっかけにもなる。
ラベル:英語 日本語
posted by ダイスケ at 00:32| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。