【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2012年06月30日

文法への接し方:楽譜の読み方にたとえて

外国語にとっての文法は、音楽にとっての楽譜の読み方に似ている、という記事を前に書いた。
なぜ文法を学ぶのか?

読み方を知らない人にとって、楽譜は黒い丸とか棒の暗号にすぎない。しかし、読み方がわかればたとえ聞いたことがなくてもどんな曲かわかり、その曲を弾くことができる。もちろん楽譜なんかなくても耳を頼りに曲を覚えて弾けてしまう人もいるだろうが、細部がわからなかったり、曲によってできたりできなかったりの状態になりかねない。どんな曲にも対応できるようにするには、楽譜が必要である。

外国語の場合、文法がわからなくても、何度も耳にすることで覚えて使えるようになる表現もあるし、文法的説明があまり役に立たない決まり文句というのもある。だが、複雑な内容のものを読んだり聞いたりしようとすると、表現も複雑になり、語の組み合わせ方も一筋縄ではいかなくなる。自分から伝えるときにも、ただ使い語をなんとなく並べるだけでは、ぼんやりと伝えることはできても細かい部分は伝えられないかもしれない。どんな表現でも理解できるように、あるいは自分で使えるようにするにあたって、文法というガイドがあれば便利である。

さて、楽譜にはドレミという、「何の音を出すか」を指示する部分と、音の強弱・演奏の速度のように、「どのように音を出すか」を指示する部分がある。出す音を間違えると、あきらかに曲がおかしくなってしまうが、音を間違えなければ、音の強さや速さを変えても、雰囲気は変わるが同じ曲ではあると思えるだろう。

文法にも、それに対応するようなふたつの部分があると言える。まず、「何の音を出すか」にあたるのは、「どんな出来事を伝えるのか」である。基本的な語の組み合わせ方によって、語の意味関係(主語、目的語、動詞など)が決まり、出来事が表現される。英語の文法でいうと、文型や構文として扱われる部分に相当する。たとえば、John hit Mary.は、語順によって主語や目的語が表されている。これをMary hit John.すれば、そもそも別の出来事になってしまい、意味が全く異なる。そのため、外国語の文法を学ぶにあたって、「どんな出来事を伝えるのか」の部分は、しっかりと理解しておく必要がある。

それにたいして、「どのように音を出すのか」にあたるのが、「どのように出来事を判断しているのか」である。伝えるべき出来事がいつのことなのか、どれくらいの可能性で起こるのか、といった部分で、英語の文法なら時制や助動詞などで扱われる。これは、「どんな出来事を伝えるか」に比べると、わかりにくい部分である。John will hit Mary.とJohn may hit Mary.は、まったく別の意味というよりも、同じ「ジョンがメアリーを殴る」という出来事に対しての判断の仕方が違いが表されているわけで、どちらか一方のみが正しいとは言いにくくなる。文法を学んでもモヤモヤした部分が残るが、少しずつ慣れていくしかないだろう。

このように、文法を二つに分けたからといって、特別外国語学習がはかどるというわけではないが、心理的には少し楽になるかもしれない。「どんな出来事を伝えるのか」の部分はあいまいにせず、間違えたら文法書や辞書でしっかりチェックする必要があるが、「どのように出来事を判断しているのか」は、理解するのに時間がかかってもしょうがない、と思うことでわからない部分があっても落ち込みすぎるのを避けることができる。どんな状況でどんな表現が適切かその都度考え、できるだけ意識的になって、ちょっとずつわかっていけばいい、と前向きに取り組むことができる。

語学は、一朝一夕には身につかない。だとしたら、できるだけ続けて学習できるような気持ちにすることが必要だ。文法を学ぶ意義、文法への接し方を自分なりに納得しておくことは、きっと語学のやる気を維持する上で大事なことだと思う。

関連記事:
なぜ文法を学ぶのか?
posted by ダイスケ at 20:44| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。