【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2011年04月14日

英語学・英文学の新しい交流を目指して3:実践者のことば

前回、前々回の記事:
英語学・英文学の新しい交流を目指して:『英語青年』をきっかけに
英語学・英文学の新しい交流を目指して2:尊重、そして対話

英語学と英文学は、たまたま隣にいる他人ではなく、よきパートナーである。大学院で勉強するうちに、そう思うようになっていった。その過程で読んだ文献を、一部引用しながら以下に紹介したい。こうした実践者がいるということは、自分にとって大いに励みになった。

 しかし、生成文法に活力を取り戻す重要な手段が、英語学の中の関連領域にまで資料の射程を広げて行くことであったと同様に、今そのあり方が問われている(とそこにいる人たちの多くが感じている)英文科というものに活力を与えるのも、その鵺(ぬえ)的な性格を逆手にとって英米文学、英語学を総合すること、すなわち英文科ではかつてずっとやってきたことに立ち戻ることであるかもしれない。(p. 24)
外池滋生. 2001. 「英文科、英語学、生成文法」『英語青年』 4月号.


 [...] 認知言語学のアプローチは、人間の知のメカニズムを総合的に探究していく認知科学の視点に立った新しいことばの科学のアプローチとして、文学部、文学研究科に代表される伝統的な英語学と英米文学の研究・教育への橋渡しをしていく可能性を期待できる。(p. 28)
山梨正明. 2001. 「言語科学と関連領域の境界性」 『英語青年』 4月号.


 If English studies are to survive and, desirably, prosper in the twenty-first century, there is a need for the discipline to explore the possibility of functioning as one organic whole, while retaining the academic eminence of each discipline. [...] The key concept for restructuring English studies in Japan is [...] English in its entirety, with its own history, grammatical structures, cultural backgrounds, literary implications, and all the properties that English can possibly carry as a language. (p. 37)
Saito, Yoshifumi. 2004. "English studies in Japan at the crossroads" 『英語青年』 10月号.


 [...] より重要な洞察は、日常的なメタファーも詩的メタファーも、かなりの部分においては共通した「素材」によって成り立っており、それゆえ文学研究の成果はヒトの認知をより高い精度で理解するために役立つという点にある。[...] 文学テクストと日常の言語使用の間を地続きと見るなら、前者によって鍛錬された方法は後者にも適用可能なはずである。 (p. 5)
大堀壽夫. 2005. 「ナラトロジーと認知研究:応用科学としての文学」 『英語青年』 12月号.


 このことは、コーパス言語学のすぐれた学際性を含意する。言語研究、とくに英語研究の世界では、かつてはゆるやかに統合されていた英文学、英語学、英語教育学の間の垣根が高まり、英語そのものを幅広い視野で見ることが次第に難しくなってきている。こうした状況の中で、コーパスは細分化した言語研究の諸領域をふたたび糾合し、新しいダイナミックな研究の展開を支える可能性を持つ。 (p. iii)
石川慎一郎. 2008. 『英語コーパスと言語教育』 大修館書店.


 しかしながら、言語を媒体とする以上、文学はあくまで一つの言語構造体である。そういう意味でいえば、言語の一つの可能性を実現したものと考えることができる。言語的な研究によって解明できない部分も多いかもしれないが、解明できる部分もまた少なくないはずである。 (p. iv)
斎藤兆史. 2009. 「序」 斎藤兆史(編). 『言語と文学』 朝倉書店.

posted by ダイスケ at 03:22| Comment(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。