【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2011年02月27日

漢文の置き字「而」と順接・逆接

2月は大学院も春休みで、この時期の大学のメインイベントは入学試験だろう。入試の日に大学に行ったので受験生をたくさん見てきたけど、もうそれから5年も経ったんだなあ。

さて、大学受験のときの勉強を思い出してみると、自分の場合、英語でも国語でも、ただ文法を覚えるだけでなく、なんでそうなっているのかと考えたりするのが好きだった。

当時不思議だなと思ったことの一つが、漢文で習う置き字の「而」の用法だ。「而」は書き下し文にする(古文に直す)ときに単独では読まない字で(読むこともあるが)、次のように順接と逆接の用法がある。
(以下、論語の例は『社会人のための漢詩漢文小百科』p. 157より)

(1)順接(「そして」「だから」などに相当する関係)
学而時之、不説乎。〈論語〉
学びて時に之を習ふ、亦た説(よろこ)ばしからずや。
(学問をして、そして然るべき折に復習するのは、なんと喜ばしいことではないか。)

(2)逆接(「しかし」「だが」などに相当する関係)
士志於道、而恥悪衣悪食者、未足与議也。〈論語〉
士 道に志して悪衣悪食を恥づる者は、未だ与に議(はか)るに足らざるなり。
(男性で、道に志しているのに、粗末な衣服や食事を恥じるような人は、まだ一緒に(道について)語り合うねうちもない。)

疑問に思ったのは、なぜ「而」は一つのことばで順接と逆接という反対の意味関係を表すことができるのだろうかということだ。日本語であれば、はっきり区別するのに。

だが、果たして順接と逆接はかけ離れた意味なのだろうか。たしかに、(3)と(4)では、順接と逆接のどちらを使うかは明らかであり、それぞれ逆の関係にするとおかしいと感じられるかもしれない。

(3)
a. 雨が降ったので、運動会は中止になった。
b. ??雨が降ったが、運動会は中止になった。

(4)
a. 雨が降ったが、運動会は行われた。
b. ??雨が降ったので、運動会は行われた。

しかし、次の場合はどうだろうか。

(5)
a. 英語が苦手なので、がんばって勉強した。
b. 英語が苦手なのに、がんばって勉強した。

(5)はどちらも自然に感じられる。英語が苦手だからこそ、それを克服しようとがんばることもあるだろうし、英語が苦手だから勉強しないだろうという周囲の予想を裏切ってがんばることもある。つまり、(5)のような例では、順接と逆接のどちらを使うかは予め決まっているものではなく、捉え方次第でどちらにもなりうる。

さらに言えば、順接も逆接も前半の文と後半の文をつなげるという機能に関しては同じである。前後の文の関係がちがうのだが、二つの出来事や状態を結びつける、関係づけるというのは人間がいてはじめて成り立つのである。そうであれば、「而」が順接と逆接の両方を表すことができたとしてもおかしいことではない。

「而」については、受験が終わってからもなんとなく頭の中に疑問が残っていたのだが、大学に入ってしばらく経ったある日、ふとそんなことを思いついた。それ以来、ぼくにとって「而」は、ことばとそれを使う人間について考えさせてくれるような、そんなイメージの漢字になった。

参考文献
田部井文雄他. 1990. 『社会人のための漢詩漢文小百科』 大修館書店.
ラベル:捉え方 中国語
posted by ダイスケ at 06:19| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。