【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2010年12月28日

英語の複数形と日本語の「-たち」

( ) bag is this? - It's Tom's.

先日、塾で中学生に英語を教えていると、上記の空欄を埋める問題があった(who, what, whoseから選択)。答えはwhoseだが、その答えを導くには、It's Tom's.の意味がわかっている必要がある。生徒にIt's Tom's.の意味をたずねてみると、自信なさそうに「トムたち?」という答えが返ってきた。

そうか、「トムたち」か。Tomの複数形か。ちょっと予想していない回答だったが、よくよく考えてみると「トムたち」という日本語の表現自体はおかしくない気がする。英語の複数形と日本語の「-たち」は必ずしも対応しないのではないかと気づいた。

そもそも、英語では名前が複数形になることはない(ただし、the Staurtsのように名字を複数形にして「スチュアート夫妻」などの意味をあらわすことはできる)。一方、日本語では(1)のように「名前+たち」という表現は可能である。

(1)桃太郎たちは鬼を退治するために鬼が島へ向かいました。

しかし、この場合「桃太郎たち」は桃太郎という人物が複数いることは表さず、桃太郎とその仲間といった意味になるだろう。『明鏡国語辞典』(大修館書店、2002)には次のような定義が載っている。

(2)人・動物の複数を表す。また、〜を代表とする一団の意を表す。

つまり、「男たち」「学生たち」のように、一般的な名詞がきた場合は前者の複数の意味を、「桃太郎たち」「トムたち」のように名前がきたときには後者の「〜を代表とする一団」の意味を表すのだといえる。ただし、次のような場合は、解釈が揺れるだろう。

(3)弟たちは公園で遊んでいた。

(3)は「弟とその友達」のような解釈をする人が多いかもしれないが、二人以上の弟がいる兄の発言だと想定すれば、複数の解釈も可能である。これは、「弟」などの親族を表す名詞が普通名詞と固有名詞の中間的な存在であることによるのだろう。

こんな具合に思考をめぐらせることができたのも、生徒の回答がきっかけ。英語を教えていると自分では気づかなかった意外な発見をすることがあり、とてもおもしろい。
posted by ダイスケ at 02:44| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。