【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2010年12月23日

Metaphors We Live By 第9章

高校生のころ、「先週提出したレポートが返却された」の「先」は過去のこと、「これから先のことはまだ考えてません」の「先」は未来のことを指すと気づいて、なんでだろうと疑問に思ったことがあった。Metaphrs We Live byの第9章では、このような時間表現をどう扱うかが議論されている。日本語にも同じ議論が当てはまるのかも気になるところ。

*****

9. Challenges to Metaphorical Coherence
We have found that the connections between metaphors are more likely to involve coherence than consistency. (p.44)


メタファーやメトニミーは一貫した体系をなしており、それに基づいて私たちは自分たちの経験を概念化している。一見したところ一貫性がないようにみえるところにも一貫性があることを示してみたい。

An Apparent Metaphorical Contradiction

英語には時間を二つの矛盾したやり方で表現しているように思える。ひとつは、未来は前方にあり、過去は後方にあるとするやり方である。

In the weeks ahead of us… (future)
That’s all behind us now. (past)

もうひとつは、未来は後方にあり、過去は前方にあるとするやり方である。

In the following weeks… (future)
In the preceding weeks… (past)

一見矛盾したメタファーが共存することもある。

We’re looking ahead to the following week.〈翌週のことを先立って考えている。〉

前―後の方向性がいかに系統立てられているかを知れば、この矛盾は解消する。
人間や車のようなものはもともと前後の方向性がそなわっているが、動いている物体は、進行方向が前方となるよう方向づけがなされる。人工衛星は静止している間は前方がないが、軌道に乗って進んでいる間はその進む方向が前方となる。
英語における時間はTIME IS A MOVING OBJECTというメタファーによって構造が与えられており、未来は私たちのほうに向かって動いている。そのため、未来はわれわれのほうに前面を向けていることになる。

The time will come when…
I look forward to the arrival of Christmas.
I can’t face the future.〈未来に向き合う〉

Ahead of us、I look forward、before usという表現は人間との関連で時間を方向づけるのに対して、precedeやfollowは時間との関連で時間を方向づけている。したがって、Next week and the week following it.とは言うが、The next week following me…とは言わない。未来の時間は私たちに前面を向けており、その後に続いている時間はさらに遠い未来となると考えれば、weeks to followとweeks ahead of usは同じ意味になる。(以下の図は内容整理のため、自分で作成)

Metaphors_we_live_by_9_1.jpg

ここで示したかったのは、単に矛盾がないことだけでなく、TIME IS A MOVING OBJECTというメタファーがあり、動く物体であるために前後の方向づけがなされ、follow、precede、faceという語も時間において使われる場合はその用法に一致性(consistency)があるということだ。

Coherence versus Consistency

時間の経過を概念化するには別の方法もある。

TIME IS STATIONARY AND WE MOVE THROUGH IT
As we go through the year,…〈年の中を通り過ぎるにつれて=年を経るにつれて〉
We’re approaching the end of the year.〈年の終わりに近づく=もうすぐ年末〉

TIME PASSES US〈時間が私たちを通り過ぎる〉とき、私たちが動いて時間が静止している場合と、時間が動いて私たちが静止している場合があるのだ。共通しているのは、動きは相対的で未来が前方に、過去は後方にあるということだ。つまり、二つのメタファーが大きな共通の意味を含意している。(以下の図は、本文のものを利用)

Metaphors_we_live_by_9_2.jpg

この二つのメタファーには一致性(consistent)がない(ひとつのイメージを形成しない)が、二つとも大きなカテゴリーの下位範疇でありそのため中心となる意味を共有しているので、つじつまが合う(fit together)。メタファー間の関係は一致性(consistency)よりも一貫性(coherence)をもちやすいといえる。


関連記事:
Metaphors We Live By 第1章
Metaphors We Live By 第2章
Metaphors We Live By 第3章
Metaphors We Live By 第4章
Metaphors We Live By 第6
Metaphors We Live By 第8章
Metaphors We Live By 第11章
認知言語学キーワード紹介(3):メタファーと経験基盤主義
posted by ダイスケ at 17:11| Comment(0) | 言語学の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。