【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2010年10月31日

ドイツ語不規則変化動詞の規則変化表

今回は完全にドイツ語学習者向け。
ドイツ語を勉強していて大変なことのひとつは、不規則変化動詞の数が多いことだろう。だが、よく見てみると、決して無秩序ではなくいくつかのパターンに分類できることに気づく。

不思議なことに、この分類は大学のドイツ語の授業では習わないし、参考書にも書いていないので、自力でやってみた。分類には数日かかったが、きれいに分類できて楽しかった。不規則変化の大部分がこれでカバーできるので、ドイツ語を勉強している方々の参考になれば幸いです!

強変化動詞A(過去基本形と過去分詞の幹母音が同じ)
■ei → ie → ie
〈具体例〉
bleib/en  blieb  ge/blieb/en
 とどまる
preis/en  pries  ge/pries/en
 称賛する
schreib/en  schrieb  ge/schrieb/en
 書く

〈その他〉
leihen scheinen schreien schweigen steigen treiben weisen 

■ei → i → i
〈具体例〉
beiß/en  biss  ge/biss/en
 噛む
greif/en  griff  ge/griff/en
 つかむ
schneid/en  schnitt  ge/schnitt/en
 切る

〈その他〉
gleichen leiden reißen reiten schreiten streichen streiten

〈コメント〉
このタイプの動詞は、f→ff、d→tt、ß→ss、t→ttのように子音もセットで変わることが多い。

■ie → o → o
〈具体例〉
flieg/en  flog  ge/flog/en
 飛ぶ
genieß/en  genoss  genoss/en
 楽しむ
schließ/en  schloss  ge/schloss/en
 閉じる

〈その他〉
biegen bieten fliehen flißen frieren gießen riechen schieben schießen schließen wiegen ziehen

〈コメント〉
このタイプの動詞も子音がß→ssのように変化する。ziehenに関してはzog、gezogenのようにh→gになるので注意。


強変化動詞B(不定形と過去分詞の幹母音が同じ)
■a → ie → a
〈具体例〉
fall/en  fiel  ge/fall/en
 落ちる
lass/en  ließ  ge/lass/en
 …させる
rat/en  riet  ge/rat/en
 助言する

〈その他〉
blassen braten schlafen

〈コメント〉
このタイプの動詞は、2人称・3人称単数の現在形で幹母音がa→äになる(fallen→fällt、lassen→lässtなど)。

■e → a → e
〈具体例〉
ess/en  aß  geg/ess/en
 食べる
geb/en  gab  ge/geb/en
 与える
les/en  las  ge/les/en
 読む

〈その他〉
fressen geschehen messen sehen treten vergessen

〈コメント〉
このタイプの動詞は、2人称・3人称単数の現在形で幹母音がe→iになる(essen→isst、geben→gibtなど)。ただし、lesenとsehenに関してはe→ieになる(lesen→liest、sehen→sieht)。また、ssがつく場合、過去形でのみßになる(essen→aß、messen→maßなど)。

■a → u → a
〈具体例〉
grab/en  grub  ge/grab/en
 掘る
lad/en  lud  ge/lad/en
 積む
schlag/en  schlug  ge/schlag/en
 打つ

〈その他〉
fahren schaffen tragen wachsen waschen

〈コメント〉
このタイプの動詞は、2人称・3人称単数の現在形で幹母音がa→äになる(graben→gräbt、laden→lädtなど)。


強変化動詞C(不定形、過去基本形、過去分詞の幹母音がそれぞれ異なる)
■e → a → o
〈具体例〉
brech/en  brach  ge/broch/en
 命じる
helf/en  half  ge/holf/en
 助ける
sprech/en  sprach  ge/sproch/en
 話す

〈その他〉
befehlen empfehlen gelten nehmen shelten erschrecken stechen stehlen sterben treffen verderben werben werfen

〈コメント〉
このタイプの動詞は、基本的に2人称・3人称単数の現在形で幹母音がe→iになる(brechen→bricht、helfen→hilftなど)。

■i → a → u
〈具体例〉
find/en  fand  ge/fund/en
 見つける
sing/en  sang  ge/sung/en
 歌う
trink/en  trank  ge/trunk/en
 飲む

〈その他〉
binden dringen gelingen klingen sinken springen zwingen


混合変化(過去基本形と過去分詞の幹母音が同じ)
■e → a → a
〈具体例〉
kenn/en  kann/te  ge/kann/t
 知っている
nenn/en  nann/te  ge/nann/t
 名づける
renn/en  rann/te  ge/rann/t
 駆ける

〈その他〉
brennen denken senden wenden
posted by ダイスケ at 02:22| Comment(12) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ささやかな「ドイツ語自主学習サークル」の中で何となくコーチ役を務める70歳爺です。(元会社員言語フリーク)
サークルメンバーの一人が仲間入り半年で中々熱心で吸収意欲も高い。 この人に、不規則変化動詞はやみくもに覚えろ、という無粋なコメント以外の手掛かりを探していたら、このブログに遭遇しました。
プロフィールを信用(?)するなら、私が50年に及ぶ言語フリークの歩みを始めた年齢のようですね。
このブログをWORDにコピーしてサークル用の資料として活用させて戴きます。 版権・稿料、無視ゴメン! 
Posted by Opa at 2010年11月14日 10:03
Opaさん、コメントありがとうございます!この表が役に立つようであれば、掲載してよかったなと思います。どんどんお使いください。サークルでのご使用ということですが、そのときにさりげなくこのブログの宣伝なんかもしていただければうれしいです 笑
Posted by ダイスケ at 2010年11月16日 01:50
はじめまして。
この記事を参考にして、不規則動詞変化表を作ってみました。
勉強に役立つまとめを記事にしていただいて、ありがとうございました!

ご笑覧ください
http://d.hatena.ne.jp/ima-inat/20120326/1332691062
Posted by katatemaru at 2012年03月26日 01:01
katatemaruさん、有効に活用していただきうれしく思います!前から表の形にしておきたいと思っていたので、やっていただいてよかったです。
ご自身のブログでもリンクを貼っていただき、ありがとうございます。お互いドイツ語の勉強がんばりましょう!
Posted by ダイスケ at 2012年03月26日 15:34
ドイツ語の強変化動詞は、歴史的な観点から先ず7つのグループに大別できます。その7つのグループから派生したX-o-oのパターンを組み込むと11こほどのグループが出来上がります。これを覚えると現代ドイツ語だけではなく、現代ドイツ語から初期新高ドイツ語や中高ドイツ語の勉強に移る時に役立ちます。強変化動詞を整理する際には、変化する語幹母音だけに目を向けるのではなく、語幹母音の前後の周りの子音にも目を向けるといいですよ。つまり、例えばraten - riet - geraten と braten - briet - gebraten をアルファベット順に揃えていくといいですよ。reiben - rieb - gerieben と treiben - trieb - getrieben も同様です。語幹母音だけではなくて語幹母音の周りの子音もグループ分けに重要であることは、遅くとも大学で中高ドイツ語の強変化動詞のグループ分けをする時点で教わります。それ以前は、アルファベット順に整理された教科書に載っている表(通常はbacken - backte/buk - gebacken で始まると思います)を丸暗記しなさいと言われるだけかもしれませんね。私の場合にはそうでした。
Posted by Joschl at 2012年10月04日 17:28
下にポストしたJoschlですが、ドイツ語の強変化動詞(弱化して混合変化形になった動詞も含めて)を全てを網羅した表をエクセルとワードで作成している最中です。完成したら皆さんが利用できるようにアップロードしようかと思っています。
Posted by Joschl at 2012年10月04日 22:18
Joschlさん、ありがとうございます!ぼく自身は、大学1、2年生のときに必修のドイツ語を習っただけでした。そのときは強変化動詞にグループがあるといったことは習わなかったのですが、今回いただいたコメントはとても参考になりました。

ドイツ語の歴史を学ぶと、現代ドイツ語を学ぶときにも違った視点から見れたりしておもしろそうですね。強変化動詞の表を作成中とのことですが、完成したらぼくも見てみたいです。よろしければ、またお知らせください。
Posted by ダイスケ at 2012年10月06日 02:03
纏まった時間が取れず、実は何ヶ月も表作りと格闘しています。効率が悪い感じがします。私の場合は独語・独文専攻の学生さん対象に情報を集めたので、必要は情報は揃ってると思います。

出来上がるまでお待ち頂くのも申し訳ない感じがするので、強変化動詞のグループ系列ごとに、ダイスケさんのBlog上で解説を試みてみましょうか?場をお貸し頂いて、小まめに区切って徐々に話を進めるのも良いかと思いますが。強変化動詞のグループ分けには、歴史的変遷に関する知識も必要な場合があるので、そのことも一緒にお話できればと思います。ダイスケさんがお詳しい英語史との比較も面白いかも。ただでさえ基礎的な文法事項が多いドイツ語で、歴史的なことにまで目を向けなければならないのは、面倒で邪魔だと感じられる方もいらっしゃるんじゃないかと思いますが、これまで見えなかったとが見えるというのも楽しいと思います。他の利点は、強変化動詞と他の品詞(名詞・形容詞等)の繋がりが見えてくるということでしょうかね。だから、動詞だけではなくて他の品詞の単語も覚えられる。楽しくやれば、それはそれなりに有意義だと思いますよ。話を進める上で、言語学的な細か過ぎる事は省きます。その場で答えられない質問には、調べてから答えます。それでも駄目な時は、ご勘弁を。

そこで、前の提案に戻りますが、解説を始めましょうか?ダイスケさんはどうお考えですか?次回のポストお待ちしています。
Posted by Joschl at 2012年10月06日 17:32
ご提案、ありがとうございます。ドイツ語の歴史の話は、おもしろくて、ためになりそうですね。他の品詞とのつながりなどは、ぼくもぜひ知りたいです。

ただ、それだけ充実した内容でしたら、ぼくのブログに載せてしまうのでよいのでしょうか?ご自身のブログなどでやるほうが、やりがいもあるのではないかと感じました。もちろん、その場合は、こちらでもご紹介したいと思います。
Posted by ダイスケ at 2012年10月09日 23:41
私には自分のブログがまだないので、さしあたりダイスケさんに場をお借りできるかなと思った次第です。

ダイスケさんのご友人・知人・ブログファンでドイツ語にも興味がある方がいらっしゃったら、その方も是非お誘いください。私としては、皆さんのフィードバック(分かり易さ・情報の濃さ・説明の順序等)がいただければ幸いです。では、次回から始めましょう。
Posted by Joschl at 2012年10月10日 18:18
Joschlさん、ご提案についてなのですが、やはりご自身の管理できるウェブサイトやブログでの公開をおすすめします。ブログの開設はとても簡単なので、すぐにできると思います。そのほうが、フィードバックも直接得られて便利なはずです。

ぼくとしては、自分のブログに書く内容には、自分自身で責任をもちたいと考えています。そのため、直接のお知り合いでない方にブログの記事をお任せするすることはできません。大変申し訳ありませんが、今回はお断りしたいと思います。

せっかくのご提案なのにすみません。ブログの開設応援しております。
Posted by ダイスケ at 2012年10月10日 21:00
承知しました。ブログが開設できて記事公開を開始したら、ダイスケさんにお伝えします。では、後ほど。
Posted by Joschl at 2012年10月10日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。