【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2010年08月28日

英語の歴史

およそ1500年にわたる英語の歴史をた辿ってみると、それはまさに波乱万丈の物語である。(p. i)
寺澤盾. 2008. 『英語の歴史:過去から未来への物語』 中公新書.

英語が好きで、さらに歴史が好きならば、英語の歴史、つまり英語史はきっと楽しいと思う。
英語史は英文科には必ず設置されている科目で(必修ではないかもしれない)、英語史の本というのもたくさんある。その中でも、本書『英語の歴史』は、現代英語との関連を意識したうえで英語の歴史を語っていく点が親しみやすい。

一般的な英語史の本では、古代の英語(古英語)から現代英語の特徴がほぼ出揃った近代英語を概観して終わりだが、本書は国際語としての英語、差別撤廃運動における英語など、まさに現代の英語についての話題が多いのが特徴だ。

また、英語が日本語から取り入れた語彙についても扱っている。たとえば、「大君(たいくん)」はtycoonとして英語に取り込まれ、現在はoil tycoon(石油王)などの用法がある。日本語ではもはや日常的に使わない語が、意外な形で生き延びているものだ。karaokeは動詞としても用いられ、Yesterday I karaoked all night long.(昨日は一晩中カラオケで歌った)のように使うことも可能だそうだ。karaokeが過去形になっているのはなんだか不思議な感じがする。

個人的に興味を引かれたのは発音や文法面での記述。
英語の代名詞はIに対してwe(一人称)があり、he、she、itに対してthey(三人称)があるというように複数形があるが、youだけはない。かつては二人称にも単数形thouと複数形yeがあり、シェークスピアも使い分けていた。その単複の区別がなくなる過程もおもしろいが、二人称の複数形が一部方言で復活しつつあるというのもまたおもしろい。you all(縮約形y'all)やyou guys、you peopleなどがそれで、将来標準英語にも取り込まれることもあるかもしれないとのこと。このように、過去から現代だけでなく、未来への言及があるのが新鮮。
他にも、発音の変化や助動詞の意味の変化、疑問文にあらわれるdoが登場する過程などなど。

実はけっこう専門用語が登場するのだが、具体例を絡めながら無理なく説明されるのであまり気にならない(ただし、発音の部分は音声学の知識なしだとちょっとつらいかもしれない)。新書のわりには英語史年表、文献案内、索引など充実しているので、ちょっと興味がわいた人から英語史の授業の補助として使いたい人まで、幅広くおすすめ。

1500年分の歴史に触れてみると、英語が今とは別の形になっていた可能性があったことがわかる。それは身近な人の普段見せない意外な一面を見るようでおもしろい。

英語の歴史―過去から未来への物語 (中公新書)

英語の歴史―過去から未来への物語 (中公新書)

  • 作者: 寺澤 盾
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 新書


posted by ダイスケ at 01:00| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。