【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2010年03月28日

「お湯を沸かす」から「水を沸かす」へ ― 結果目的語の話2

ひとつの動詞で2種類の目的語をとるケースがある。
「水を沸かす」と「お湯を沸かす」では、前者の目的語は行為の〈対象〉、後者は行為の〈結果〉を表す。
後者は結果目的語と呼ばれる、というのが前回の話。
目的語いろいろ ― 結果目的語の話1

さて、「水を沸かす」という表現を聞いて、「お湯を沸かす」に比べるとあまり使わないのではと感じた人はいないだろうか。
実は、「沸かす」の目的語を歴史的にみると、近代まではもっぱら「湯」を目的語としており、「水」を目的語とするのは比較的新しい用法だというのがわかる(栗栖佳美「結果の目的語を取る動詞についての通時的考察」参照)。
つまり、「作る」や「建てる」のように行為の結果だけを目的語としていた「沸かす」が、働きかける対象も目的語に取るように変化したのだといえる。

「水を沸かす」と言う場合、話し手にとっての最大の関心事は結果としてできる「湯」ではなく、働きかける対象である「水」にあるということになる。
対象の「水」に関心があるということを反映してか、「沸かす」の目的語としての「水」はなんらかの修飾語を伴うのが普通である。

(1)
a. いつも新鮮な水を沸かす
b. 美味しい水を沸かす
c. お風呂の水を沸かす
d. やかんの水を沸かす
e. 2リットルの水を沸かす
(栗栖佳美 前掲書p. 36、下線は原文ママ)


このため、「水を沸かす」だけを聞くと、やや不自然に感じることがあるのだろう。
なお、「お湯を沸かす」と「水を沸かす」の意味のちがいは、あとに沸いたことを否定する文を続けた場合の許容度のちがいとして顕在化するというのは、前回見たとおり。

このことから、もともと結果目的語専用の動詞だったとしても、結果よりもその過程、どのように働きかけるかに注意が向けられれば、対象を目的語にとることもありえることがわかる。
ことばは、私たちの関心に合わせて変化する可能性があるのだ。
次回に続く。
(参考文献は最後にまとめて)
続編:「紙を印刷する」ことはできるか? ― 結果目的語の話3
posted by ダイスケ at 03:23| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。