【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年12月28日

明鏡国語辞典

一例を挙げれば、小項目相当の名詞や動詞についてまで、これまで記述されたことのない意味、指摘されて初めて気づくような意味、多様な用例のあり方、語法・文型にまで踏み込んだ説明を試みた。(中略)全体的に、読んで楽しい、表現と理解に役立つ、使える辞典になっているはずである。(p. iv)
北原保雄(編).2002.『明鏡国語辞典』大修館書店.


私たちは日本語を使って生活しているわけで、普段の生活では日本語に不自由はないと思う。
しかし、日本語を話せることと、日本語について知っているということはちがう。
日本語の『さがす』と英語のsearch」という記事で扱ったように、「さがす」という動詞は〈対象〉を目的語にとる(「財布をさがす」)ことも〈場所〉をとる(「家中をさがす」)こともできるが、ふつうはなかなか気づかない。

こうした語の使い方をおもしろいと思う人にとって、『明鏡国語辞典』(以下、明鏡)はうってつけである。

辞書なんてどれも同じようなことしか書いてないと思う人もいるだろうが、それはちがう。
『明鏡』の語法の詳しさはピカイチ。
もちろん先ほどの「さがす」の説明も載っている。
ほかに例を挙げると、「撃つ」もおもしろい。
『明鏡』の例文を見てみよう。

(1)
a. ピストルで標的を撃つ
b. 大砲を撃つ

(1a)は〈対象〉、(1b)は〈道具〉を目的語にとっているが、『明鏡』ならしっかりとそのことが説明されている。
〈対象〉や〈道具〉など名詞の文の中で果たす意味上の役割を意味役割というが、この情報を載せている辞書は『明鏡』ぐらいだろう。

例文の数も多いほうだと思う。
高校生のころ、英和辞典は例文が多いのに、なぜ国語辞典は例文があまりないのか不思議に思ったことがあったが、『明鏡』には十分な数の例文が収録されている。
きちんと意味を説明しようとすれば、母語であっても例文は必要不可欠だ。
(例文の数でいえば、『新明解国語辞典』もけっこうあると思う)

論文など、しっかりとした日本語を書くときは、こうした情報を確認できる『明鏡』は便利だ。
でも、便利という以上に「読んで楽しい」辞書。
まだ引いたことがない人は、本屋に行ったときに見てみてほしい。

明鏡 国語辞典

明鏡 国語辞典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本


posted by ダイスケ at 03:24| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。