【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年09月23日

はじめてのドイツ語

また、とっつきにくい言葉もほんの少しがまんしてつきあっていると、あるとき突然見通しがよくなって、すばらしい眺望が眼前に開けるということがあります。ドイツ語はそんな言葉です。(p. 284)
福本義憲.1991.『はじめてのドイツ語』講談社現代新書.


何でも教えればよいというわけではない。
これは教育実習で学んだことのひとつだ。
ときにはあえて単純に説明することも、教える側の戦略としてありうるということだ。
単語を教えるときに、いきなり類義語を並べ意味のちがいを説明するとかえって頭がパンクしてまう生徒もいるだろう。
もちろん、それが覚えるときの手がかりになるので教えてほしいという人もいるだろう。
教師は常にそのへんのバランスを考え、何を教え何を教えないか取捨選択する必要がある。

大学でのドイツ語の授業はあまりおもしろかったという印象はない。
文法はこういうのがあるから覚えてね、じゃあ、問題の答え合わせやるよ、という具合で素っ気なかった。

ドイツ語は名詞の複数形の作り方が5パターンもあって、名詞ごとにどれに当てはまるかがちがう。
5パターンといっても、どの名詞がどのパターンになるかまったく予想もできないかといえばそうではなくて、ある程度傾向がある。
大学の授業ではそういう傾向をいっさい習わなかったが、ドイツ語を学び始めたばかりの学生が混乱しないようにと、自分はわかっていてもあえて教えなかったのかもしれない。
(単音節のときは○○、2音節のときは××のような説明が嫌いな人もいるだろう)

授業をする立場を経験すると、授業を受けるときの印象も変わってくるもので、そういう意味でもやってよかったかもしれない。
今にして思えば、当時の先生が説明が面倒でいい加減に授業をやっていたわけでもないのかなと思う(まぁ、熱心という感じでもなかったが)。

ただ、そうした細かいことを知りたいという人もいるだろう。
『はじめてのドイツ語』はそういう人に向いている。

本書はドイツ語学習で疑問に思いそうなところを丁寧に解説している。
先ほど挙げた名詞の複数形の話もこの本ではじめて知った。
他にも、

否定冠詞keinは英語のnoと同じか?
接続法って結局何だ?
完了形にhabenとseinの2パターンあるがその使い分けは?

などの疑問に答えてくれる。
そうだったのか、と思うのは気持ちいい。
他にこういうことを扱っている本はなかなかないので、上記のようなことが知りたい方は読んでみて下さい。

タイトルは『はじめてのドイツ語』だが、ドイツ語をはじめてすぐだとちょっと難しい気がする。
ある程度ドイツ語をやった人が知識の確認と整理するのにおすすめ。

本書は英語との比較による説明も多い。
その説明がわかりやすいだけでなく、英語の文法についても考えさせられる。
ドイツ語学習に役に立つだけでなく、言語学に興味がある人にもいいかもしれない。

「大学芋」はドイツ語を勉強する方を応援します(笑)。

はじめてのドイツ語 (講談社現代新書)

はじめてのドイツ語 (講談社現代新書)

  • 作者: 福本 義憲
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1991/10
  • メディア: 新書


ラベル:ドイツ語 新書
posted by ダイスケ at 23:27| Comment(2) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドイツ語がんばってるのかな?

blog引っ越します。よろしくー。
Posted by nona at 2009年10月06日 12:02
がんばってるよ!
新しいブログ見たよ、HPももっと充実できるといいね!
Posted by ダイスケ at 2009年10月07日 13:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。