【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年07月26日

ゼロから始めるドイツ語チェックテスト

みなさんのドイツ語学習が数日、いや数ヶ月遅れたとしても、ドイツは魅力ある国として、また、ドイツ語はドイツの言語文化を伝えるすばらしい言語として、疑いもなく存在し続けるであろうからです。(p.3)
在間進.2004.『ゼロから始めるドイツ語チェックテスト』三修社.


良質なドイツ語の問題集。
文法の問題集であるが、提示された単語を用いてドイツ語作文をする問題がメイン(ほぼすべての問題に日本語訳あり)。
辞書を引かなければ進めないということはなく、ストレスなく解いていけると思う。
格変化は繰り返し書かせて定着させようとするのもよい。

同じ三修社から出ている『ゼロから始めるドイツ語』の問題集であるはずだが、文法項目の配列がちがったりしていて、あまり両者の対応を考えているとは思えない。
独立した問題集として考えよう。

中身の問題がよいのはもちろんだが、「はじめに」と「終わりに」に感動した。
ただの文法問題集ではなく、在間氏が温かいことばをかけて励ましてくれる。

最初に引用したのは、「はじめに」の一文だが、そう言ってもらえるとちょっと怠けても自分を責めずにがんばろうという気になる。
励まし上手のインストラクターというのは大事だなと思った。

文法学習は地味で、繰り返しやらないと身につかない。
文法なんてやらずに、会話によく出る表現をいくつか覚えるだけのような楽な方法に飛びつきたくなるかもしれない。
だが、在間氏は「覚えた文を単にそのまま繰り返すのであったならば、それはすでに他人の考えたことを単に繰り返していることに」なるという。
そして、最後の一言。

私たちにとって重要なことは、ドイツ語を話すことではなく、ドイツ語で話すことではないでしょうか。私たちがドイツ語に限らず外国語を学ぶ目的は、私たち独自の考えを当該の外国語で述べることだと思います。ドイツ語を使用する際も、私たちは私たち自身でありたいと思いませんか。みなさんも努力していろいろな文法規則を学んで来たわけですが、その目的は、ドイツ語を用いて自分の表現を作れるようになることにあるべきだと思います。独自の表現活動は、「文法規則」があるからこそ可能になるのです。(p.166)


ゼロから始めるドイツ語チェックテスト

ゼロから始めるドイツ語チェックテスト

  • 作者: 在間 進
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2004/02
  • メディア: 単行本


ラベル:ドイツ語
posted by ダイスケ at 05:46| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。