【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年07月11日

応用言語学事典

本事典では、13分野から1535項目を取り上げてある。執筆者は290名に及び、文字通り応用言語学研究に関わる主要分野の研究者を動員して編集にあたっている。(p.i)
小池生夫ほか(編).2003.『応用言語学事典』研究社.


ついに買ってしまった、応用言語学事典!
定価11,550円!
古本屋で買ったのでそれよりは安かったけど、なかなかに大きな買い物をしたなあ。
約1000ページの迫力、写真で伝わるかな?
(参考までに横に文庫を置いてみた)
応用言語学事典

普段は文法についての本を読むことが多いし、卒論もそういう方向だけど、言語と社会の関係やコミュニケーションの分野はあまり知らないのでその対策に。
13分野もなくてもいいかなと思うけど、他にちょうど辞典もないので、思い切って買った。
これで、社会言語学でも困らないぞ!

事典の中身は、分野ごとに関連した用語が並んでいて、その分野を説明するための流れを重視したつくりになっている。
そのため、単に引くだけでなく、読んで楽しい事典となっている。
和文索引と欧文索引と両方ついているのもすばらしい。

それにしても執筆・編集に14年間というのに驚き。
そうした年月の成果を利用できるということに感謝です。

以前は先輩がこの事典を持っていると聞いて、「個人所有するものじゃないでしょ」と思っていたが、自分もその仲間入りか。

さあ、せっかく買ったんだし、元取れるようにがんばります!

応用言語学事典

応用言語学事典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2003/04/28
  • メディア: 単行本


ラベル:辞書・事典
posted by ダイスケ at 18:32| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。