【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年05月18日

ルノワールは無邪気に微笑む

では心の釣り糸とは何なのか。つまり早い話は心の準備です。感性の糸とがぴんと引いたら、たとえそのときまで昼寝をしていてもがばっと鉛筆を手に摑んで起き上がれるかどうかです。(p.23)

千住博. 2006. 『ルノワールは無邪気に微笑む』 朝日新書.


千住博氏との出会いは、大学での講演会だった。
授業の一環としてその講演を聞くことになっていたので何気なくついて行ったが、講演を聞いてすぐにファンになってしまった。
すごく刺激を受け、それがきっかけでこの本も読むことにした。
本書は「芸術とはイマジネーションを伝えたいと思う心のこと」という視点から、朝日新聞の読者のさまざまな疑問に答えたもの。
千住さんの力強さが伝わってきて元気が出るのでおすすめです。

その中でも、特に印象に残ったのは、「とつぜんやって来るインスピレーション」という話。
写真家にとってシャッターチャンスに出会う瞬間も、画家にとって描きたいものがひらめく瞬間も何のまえぶれもなくやって来る。
釣りでは、釣り糸をたらしていなければ、魚はひっかからない。
同じように、心の釣り糸をたらして準備をしていなければ、画家もチャンスをつかめない。
描きたい何かを探しているかどうかが、その瞬間をつかめるかの分かれ目となるのだ。

これは研究者にとっても同じことだと思う。
有名な言語学者は、普段の会話の中からでもちゃんと魚をつかんできている。
ここでは、Pamela Downing氏と池上嘉彦氏の話を紹介しよう。

すでに以前紹介しているが、Lakoff and Johonsonは著書Metaphors We Live Byで、文脈が文の意味に影響することをDowningの例を挙げて説明している。
その例とは、"Please sit in the apple-juice seat."である。
一見奇抜なこの表現も、「朝食時に四つの席がありそのうち三つにオレンジ・ジュース、一つにアップル・ジュースが置いてあった」という状況を考えれば、apple-juice seatが何を指すかも理解できる。

池上氏は『日本語と日本語論』の中で、レストランで料理を受け取る際に"I'm a fish."という文を耳にしたときの感動を語っている。
日本語でよくある「ぼくはうなぎだ(ぼくが注文する(食べる)のはうなぎだ)」に相当する英文である。

どちらも何気ない会話の中で出てきた一言であり、ちょっと変わっているなと思っても、すぐに忘れてしまうかもしれない。
その瞬間をものにすることができたのは、やはり心の準備ができていたからにちがいない。

友達と会話する、電車の中の広告を見る、テレビのニュース番組を見る、本を読む。
その中におもしろいことばがいくらでもある。
そこからのインスピレーションを形にして人に伝える。
なんだか、ことばの研究者っていうのもひとつの芸術家のように思えてきました。

参考文献
Lakoff, G. and Johnson, M. 2003. Metaphors We Live By: With A New Afterward. The University of Chicago Press.
池上嘉彦. 2007. 『日本語と日本語論』 ちくま学芸文庫.

ルノワールは無邪気に微笑む―芸術的発想のすすめ (朝日新書)

ルノワールは無邪気に微笑む―芸術的発想のすすめ (朝日新書)

  • 作者: 千住 博
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 新書



ラベル:新書
posted by ダイスケ at 00:15| Comment(2) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに!!
問題意識も目標もないと、
情報をキャッチできないもんね。
Posted by shohei at 2009年05月19日 19:46
そうなんだよね!
お互い、小さなところからキャッチしていこう!
Posted by ダイスケ at 2009年05月20日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。