【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年03月07日

Metaphors We Live By 第2章

Metaphors We Live Byの第2章。
前回も書いたようにサークルの読書会として本書を扱っている。他のメンバーにも好評のようでよかったよかった。

*****

2. The Systematicity of Metaphorical Concepts
Because the metaphorical concept is systematic,
the language we use to talk about that aspect of the concept is systematic.(p. 7)


メタファーから成り立っている概念には体系があるからこそ、その概念のメタファーによって表されている側面について言及する言語も体系だっているのである。たとえば、ARGUMENT IS WAR〈議論とは戦争である〉というメタファーでは、戦争の語彙がその戦闘的側面に語る際に体系的に使われる。これは、戦闘という概念のネットワークの一部が、議論という概念の一部を特徴づけ、言語がそれにならうからである。そのため、メタファーによる言語表現をみることで、メタファーに基づく概念の本質、そしてメタファーに基づく私たちの活動の本質を理解することができる。今度はTIME IS MONEYの例をみてみよう。

TIME IS MONEY〈時間は金である〉
You’re wasting my time.〈浪費する〉
This gadget will save you hours.〈節約する〉
I don’t have time to give you.〈持つ、あげる〉
How do you spend your time these days?〈費やす〉
That flat tire cost me an hour.〈かかる〉
You don’t use your time profitably.〈有益に使う〉
I lost a lot of time when I got sick.〈失う〉

時間は貴重な品物であり、限りある資源であり、お金である。電話の通話単位、時間給、ホテルの宿泊料金、ローンの利子などがそうだ。これらは近代の産業社会にはじめてあらわれたものであり、あらゆる文化にみられるわけではない。時間が貴重な品物であり、限りある資源であり、お金であるかのように行動している事実に対応して、時間をそのようなものだと考えているのだ。

TIME IS MONEY、TIME IS A LIMITED RESOURCE〈時間は限りある資源である〉、TIME IS A VALUABLE COMMODITY〈時間は貴重な品物である〉はすべてメタファーによって成り立つ概念である。これらは下位範疇にわかれる一つの体系をなしている。こうした下位範疇の関係が、メタファーの間の含意関係の特徴なのである。TIME IS MONEYは、そうした体系全体の特徴を説明するもっともはっきりした例である。メタファー間の含意関係はメタファー的概念の一貫した体系を示し、さらにそうした概念に対応するメタファー的表現の一貫した体系が示すのである。

*****

翻訳のリンクも。

レトリックと人生 [単行本] / ジョージ・レイコフ, マーク・ジョンソン, 渡部 昇一, 楠瀬 淳三, 下谷 和幸 (著); 大修館書店 (刊)
レトリックと人生 [単行本]
ジョージ・レイコフ, マーク・ジョンソン
渡部 昇一他訳
大修館書店


関連記事:
Metaphors We Live By 第1章
Metaphors We Live By 第3章
Metaphors We Live By 第4章
Metaphors We Live By 第6
Metaphors We Live By 第8章
Metaphors We Live By 第9章
Metaphors We Live By 第11章
認知言語学キーワード紹介(3):メタファーと経験基盤主義
posted by ダイスケ at 11:02| Comment(0) | 言語学の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。