【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2014年12月31日

英語学習に便利なウェブサイト(2)

前回に引き続き、英語学習に便利なウェブサイトを紹介します。今回は、ジャンルをある程度限定して、医学・医療分野で役立つものを扱います。音声とその書き起こしが手に入るものもあれば、辞書もあったりと、形式にはこだわらないことにします。

Podcasts at CDC
CDCが運営するウェブサイト。CDCとはCenters for Disease Control and Prevention、つまりアメリカの疾病対策センターのこと(エボラ関連のニュースで耳にした人も多いかもしれない)。健康や病気の予防に関する情報が配信されている。
○音声のダウンロードができる。書き起こしはウェブサイト上でも閲覧できるしPDFでダウンロードすることも可能(学生に配布するときに便利そう)。
○音声の長さは2分ぐらいのものから8分ぐらいのものまでさまざま。さらに、短めのFor Kids(30秒程度)やRadio-Ready PSAs(1分程度)といったカテゴリーもあるので、興味や集中力に応じて聞きたいものを選べる。


MediEigo(メディエイゴ)
○医療関係者向けの英語学習サイト。ニュースや英単語、医療現場で使えるフレーズなど、充実のコンテンツ(ただし、2013年で更新が止まっている?)。
「気楽に1分〜脳に染み込む医学論文・頻出単語!」では、医学論文によく使用される100の英単語が例文とともに解説されており、医学論文を書くときやその準備として便利。
「おすすめ 英語学習サイト」では、医療分野以外にも便利なウェブサイトを紹介している。


ライフサイエンス辞書
ライフサイエンス辞書プロジェクトの一環として公開されているウェブ上の辞書。生命科学(ライフサイエンス)分野の学術論文を解析したデータベースをもとに、英和・和英の検索ができるだけでなく、共起語表現の検索なども行える。
○普通の辞書には載っていないような専門用語もばっちり。関連語なども見つけることができる。
○共起表現検索は、生命科学分野のコーパスになっている。調べたい語句の前後に現れる語の頻度を集計したり、その語句が入った用例を網羅的に表示させることができる(その用例が含まれる論文に飛ぶリンクも用意されている)。
スマートフォン用のページも用意されている。


医学部、看護学部の学生が勉強するのにぴったりですが、それらの学部で英語を教える先生にとっても役に立ちそうです。文系学部でも、エボラなどの時事問題を扱おうと思ったときには、Podcasts at CDCから教材を取ってきたりできますね。

英語学習のやる気って、便利なウェブサイトを知っているかどうかというちょっとしたことにも案外左右されるような気がします。ご紹介した情報が少しでもお役に立っていれば幸いです。

関連記事:
英語学習に便利なウェブサイト(1)
英語学習に便利なウェブサイト(3):学習方法とテスト作成方法
英語学習に便利なアプリ
ラベル:英語教育 語学
posted by ダイスケ at 19:18| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする