【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2013年04月27日

認知言語学キーワード紹介(3):メタファーと経験基盤主義

「メタファー」(metaphor)というと、あくまで修辞上の問題であって、普段ことばを使う上では関わりのないものだという印象を与えるかもしれない。しかし、認知言語学は、メタファーは日常の言語活動に広く行き渡っていると考える。(1)に挙げた例文もメタファーの一種であるとすれば、そのことが認められるだろう。

(1)
a. I’m feeling up.(気分は上々だ)
b. Thinking about her always gives me a lift.(彼女のことを考えると、いつも気持ちが高ぶる)
c. I’m feeling down.(落ち込んでいる)
d. My spirits sank.(気分が沈んだ)

これらの例から、英語では感情を「上下」という位置関係を通して理解していることがわかる。頭の中でHAPPY IS UP(うれしいことは上);SAD IS DOWN(悲しいことは下)と捉えていることによって、つまり、概念のレベルでのメタファーが存在することによって、「上下」にまつわる語彙が体系的に感情の表現として使用されるのである。このような表現は、メタファー的であることに気づかないほど一般的に定着していると言えるだろう。そして、(1)のような言語表現を観察することによって、私たちの思考体系がいかにメタファー的であるかがわかるのである。

基本的なメタファーは、人間の身体的な経験を基盤にもつと考えられている。私たちは、うれしいときには、顔を上げ、飛び上がったりするなど姿勢が上向きになる。それに対して、悲しいときには、顔は下を向き、地面に座り込んだり、うなだれた姿勢になる。HAPPY IS UP;SAD IS DOWNという捉え方には、このような人間の自然な身体反応が関わっていると言ってよいだろう。

(1)に添えた日本語の表現からもわかるように、HAPPY IS UP;SAD IS DOWNという概念レベルでのメタファーは日英語で共通して用いられているようだ。一方、(2)のような表現は、日本語だとなかなか直接対応するものがない。

(2)
a. The discussion fell to the emotional level, but I raised it back up to the rational plane. (議論は感情的なレベルに落ちてしまったが、理性的なところまで引き上げて戻した。)
b. He couldn’t rise above his emotions.(彼は感情から上に上がれなかった=理性的になれなかった。)

これはRATIONAL IS UP(理性的なことは上); EMOTION IS DOWN(感情的なことは下)の例であるが、このような概念メタファーが存在するかどうかは文化的な経験に依存している。そのため、メタファーによる捉え方を調べることは、文化理解の上でも重要である。

以上のメタファーの例で見てきたように、言語は身体的・心理的経験はもちろん、文化的・社会的経験を基盤にして成り立っていると考えられる。このような人間の日常生活における経験をもとに言語現象を解明していこうとする立場を「経験基盤主義」(experientialism)というが、これは認知言語学の大きな特徴となっている。


メタファーをはじめとした認知言語学の基本的なトピックを知るには、谷口一美著『学びのエクササイズ 認知言語学』がちょうどよいでしょう。入門書なので扱うトピックは限られていて、詳しい情報を得ることはできませんが、その分認知言語学の姿勢を簡潔に伝えることができているように思います。なお、(1)の例は本書の75ページに登場します。
学びのエクササイズ 認知言語学 [単行本] / 谷口 一美 (著); ひつじ書房 (刊)
学びのエクササイズ 認知言語学
谷口 一美
ひつじ書房


また、George LakoffとMark Johnsonによって書かれたMetaphors We Live Byは、それまで文学や修辞学で扱われてきたメタファーに新たな光を投げかけた本であり、認知言語学の出発点としても重要です。さきほどの(1)と(2)は、もともとこの本で紹介された例文です。英語が読みやすく、言語学の知識がなくても読んでいけると思います。
Metaphors We Live by [ペーパーバック] / George Lakoff (著); Univ of Chicago Pr (T) (刊)
Metaphors We Live by [ペーパーバック]
George Lakoff
Mark Johnson
University of Chicago Press


なお、Metaphors We Live Byの最初の数章の要約もこのブログに載せています。興味のある方は、こちらもご覧ください。
Metaphors We Live Byまとめ

関連記事:
認知言語学キーワード紹介(1):捉え方
認知言語学キーワード紹介(2):カテゴリーとプロトタイプ
認知言語学キーワード紹介(4):ゲシュタルトと構文
Metaphors We Live By 第1章
Metaphors We Live By 第2章
Metaphors We Live By 第3章
Metaphors We Live By 第4章
Metaphors We Live By 第6
Metaphors We Live By 第8章
Metaphors We Live By 第9章
Metaphors We Live By 第11章
posted by ダイスケ at 00:04| Comment(5) | 言語学の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする