【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2013年03月26日

認知言語学キーワード紹介(2):カテゴリーとプロトタイプ

動詞runの意味を聞かれたら、何と答えるだろうか?多くの人が最初に思い浮かべるrunのイメージは「走る」、つまり「足を交互に素早く動かして移動する」ことだろう。『ジーニアス英和辞典 第4版』を見てみると(1)のような例はもちろん挙がっているが、(2)や(3)も見つかる。(2)のrunは「乗り物の移動」、(3)は「液体の移動」を表している。

(1) She ran for 20 miles.(彼女は20マイル走った。)
(2) I saw a car run through a red light.(車が赤信号を無視して走るのを見た。)
(3) The river runs into the Pacific Ocean.(その川は太平洋に注いでいる。)

このような例まで含めて考えると、runの意味を単なる「2本足による素早い移動」とは言いづらくなる。これは、runの意味カテゴリーをどのように記述するかという問題である。人間は、知識を単にばらばらに蓄えているわけではなく、何らかのグループにまとめている。そのグループが「カテゴリー」(category)である。

カテゴリーについては古くから研究されてきたが、次のような考え方が主流であった。つまり、あるカテゴリーに属する成員はすべてある属性を共有しており、カテゴリーの成員間には優劣はない、というものである。このようなカテゴリー観に従って、さきほどのrunについて考えてみよう。runの意味カテゴリーに含まれる成員はすべて「高速の移動」という属性をもっていると考えれば、(1)-(3)のすべての用法を偏りなく扱うことができる。しかし、runの意味を「高速の移動」とだけ提示してしまうと、今度は直感的なrunのイメージとはだいぶ離れてしまうだろう。

認知言語学では、カテゴリーをもっと柔軟なものであると考えている。あるカテゴリーの成員がどれも同じだけの資格をもっているわけではなく、もっともそれらしい、中心的な成員から、あまりそれらしくない、周辺的な成員があるとするカテゴリー観を採用するのだ。中心的、代表的な成員のことを「プロトタイプ」(prototype)と呼ぶ。カテゴリーがそのように構造化されていると想定すると、runの意味に抽象的な「高速の移動」というものがあることを認めつつも、そのカテゴリーにはプロトタイプ「2本足を使ったすばやい移動」を中心に、周辺的な成員「乗り物の高速移動」「液体の高速移動」までの段階性があることを捉えることができる。


今回挙げたrunについては、早瀬尚子・堀田優子著『認知文法の新展開:カテゴリー化と用法基盤モデル』のpp. 36-39を参考にしています。ここでは、さらに「立候補する」という意味の位置づけなども言及されているので、興味をもたれた方はぜひご覧ください。
認知文法の新展開 (英語学モノグラフシリーズ (19)) [単行本(ソフトカバー)] / 早瀬 尚子, 堀田 優子 (著); 研究社 (刊)

認知文法の新展開 (英語学モノグラフシリーズ (19))
早瀬尚子・堀田優子
研究社


上記の本はすでにある程度言語学を勉強した人向けに書かれています。もっと入門的な本としては、吉村公宏著『はじめての認知言語学』がおすすめ。カテゴリー化を中心とした認知言語学の姿勢をつかむのに最適です。
はじめての認知言語学 [単行本] / 吉村 公宏 (著); 研究社 (刊)
はじめての認知言語学
吉村公宏
研究社


関連記事:
認知言語学キーワード紹介(1):捉え方
認知言語学キーワード紹介(3):メタファーと経験基盤主義
認知言語学キーワード紹介(4):ゲシュタルトと構文
posted by ダイスケ at 01:51| Comment(0) | 言語学の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

認知言語学における「捉え方」:言語学を学ぶきっかけ

前回は、認知言語学のキーワードとして「捉え方」を紹介しました。
認知言語学キーワード紹介(1):捉え方

実は、この「捉え方」というキーワードは、ぼくが言語学を学ぶきっかけにもなったものです。中学や高校で英語を学んでみると、似たようなことを表すのに複数の表現があることがわかり、それらがどう使い分けられているのかなあと気になっていたのです。英語の先生に聞いてみたり、辞書に似ている表現の意味の違いが説明されているとメモしてみたり。

その後、大学に行って、言語学の中でも認知言語学と呼ばれる分野では「捉え方」を重視しているのを知りました。一見同じように見える表現でも、言い方が異なるならばそれは「捉え方」の違いを反映しているのであり、意味にも違いがある。認知言語学の本にそう書かれているのを見て、わくわくしました。そして、もっとそういうことが知りたいなと思い、言語学で卒論を書くことを決め、大学院にも進学することにしました。

「捉え方」は、自分にとって思い入れのある用語だったので、それを紹介した記事にフェイスブックの「いいね」がつくことは、すごくうれしかったです。なお、「捉え方」については、以下の記事でも言及しているので、もしよかったらこちらもご覧ください。

I am making slow progress. ― ことばがつくる現実
「上り坂」と「下り坂」
posted by ダイスケ at 23:26| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

認知言語学キーワード紹介(1):捉え方

以前、学部の授業のアシスタントをしていたのですが、そこで認知言語学という分野を学部生に紹介する機会をいただきました。そのときに使った配布物を見てみたいと言ってくださる方もいたので、もしかしたら他にも誰かの役に立つかもしれないと思い、手直しして公開してみることにしました。授業に出た人が、「認知言語学をもっと知りたい」「認知言語学の本を実際に手に取ってみようかな」と思ってもらうことを目的に作ったものなので、あまり一方的に説明しすぎないようにしています。そのため、物足りないという方もいるかもしれませんが、それについてはご了承ください。

では、まずは認知言語学のキーワードを文献とともに紹介してみようと思います。

*****


「東京には坂が多いけど、上り坂と下り坂はどちらが多いでしょう?」というのは、答えることのできない質問である。なぜなら、同じ「坂」でも下からみれば「上り坂」に、上からみれば「下り坂」になるからである。

このことからわかるように、ことばの意味には、何を指すかだけでなく、それをどのような立場から捉えているか、つまり「捉え方」(construal)まで含まれている。

これは、言い換えてみれば、たとえ同じ物や状況でも捉え方が異なれば選択される表現が異なることを意味する。英語には、「地球」を表す語にthe earth、Earth、globeなどがある。これらの語は、地球をどのように捉えるかの違いを反映している。では、次の(1)-(3)の場合、どれを用いるのが適切だろうか。

(1) 数百年前は地球が丸いという考えを多くの人があざ笑った。
Hundreds of years ago, many people scoffed at the notion that (     ) was round.

(2) アメリカ合衆国とヨーロッパかまたは地球の他の場所の間を日中に飛行機で移動すると疲労するが、その原因はまだ臨床学的に十分解明されていない。
A day time flight between the United States and Europe or any other part of (     ) is fatigue-making in a clinical way we still don’t fully grasp.

(3) 地球と異なり、木星にはその表面を分割する特徴がない。
Unlike (     ), Jupiter has no features to break up its surface.


(1)-(3)の例は、高橋英光著『言葉のしくみ: 認知言語学のはなし』という本の63ページから取っています。文献情報のあとに、答えだけ載せておきますので、the earth、Earth、globeが地球をどのように捉えた表現なのか気になった方は、ぜひこの本を見てみてください。

言葉のしくみ―認知言語学のはなし (北大文学研究科ライブラリ) (北大文学研究科ライブラリ 1) [単行本] / 高橋 英光 (著); 北海道大学出版会 (刊)
言葉のしくみ―認知言語学のはなし
高橋英光
北海道大学出版会


答え
(1) the earth (2) the globe (3) Earth

関連記事:
認知言語学キーワード紹介(2):カテゴリーとプロトタイプ
認知言語学キーワード紹介(3):メタファーと経験基盤主義
認知言語学キーワード紹介(4):ゲシュタルトと構文
posted by ダイスケ at 23:13| Comment(0) | 言語学の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする