【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2012年08月31日

「魂の満足」としての語学

わたしはピアノのレッスンが好きだった。それというのも、毎日少しずつ進歩してゆくように思われたからだった。それは、わたしが外国語で書物を読むときの楽しさを説明してくれるだろう。それは自国語よりも外国語のほうが好きだとか、外国の作家にくらべて、わたしの尊敬するわが国の作家たちに遜色があるとかいったわけではない。ただ意味や感情をたどる場合の軽い困難、さらにみごとにその困難に打ち克ってゆくときの、自分でも気のつかない得意な気持といったものが、知識の上の楽しみに加えて、それなくしてはすまされない何かしら魂の満足とでもいったようなものをつけ加えてくれるからにほかならないのだ。
アンドレ・ジッド『狭き門』新潮文庫 pp.189-190

文学作品には、ときに話の進行上あまり重要でない細部におもしろいことが書いてあったりする。最初に引用したのは小説『狭き門』の一節で、ヒロインであるアリサの日記から。『狭き門』は、読んだのがだいぶ前なので、あらすじ以外は忘れてしまったが、この一節はよく覚えている。そうそう、語学のおもしろさって、少なくともその一側面は、そういうところにあるんだよな、と思ったのだった。

ピアノは、プロの演奏家以外はお金を稼ぐ手段にならない。ピアノを習う多くの人は、お金を稼ぐのに十分な演奏技術を身につけるわけでもないし、それによって就職が有利になるわけでもない(趣味の欄に書いて、面接のときの話題作りぐらいにはなるかもしれないが)。単純に、弾きたい曲が弾けるようになる、だんだんと上達するということがおもしろいから、ピアノを弾くのである。

語学にも同じようなおもしろさがある。一目見てわからなかった外国語の文章が、辞書を引き、文法を考え、うんうん唸って、ついにその意味がわかったときは、何とも言えない心地よさがある。少しずつわかる文が増えていくプロセス自体が楽しめるし、達成感がある。その達成感の背後には、1年前だったら単なる暗号の羅列だったり雑音でしかなかったものが、今や意味のあるものとして認識できるようになったという成長の実感もあるだろう。ある程度勉強が進むと、そうした気持ちになることも少なくるかもしれないが、5年前の自分、10年前の自分を振り返れば、ずいぶんと遠くまで来たことを感じられると思う。それは、何かの手段としてではなく、語学そのものに内在する魅力だろう。

外国語が、だれかとコミュニケーションできるようにするため、あるいは、母語以外の情報を得るための重要な手段であることには変わらない。ピアノなどの楽器に比べれば、そうした実用的な見返りを語学に求める傾向は強いだろう。だが、もし今英語の学習にかけている時間はTOEIC何点分になるのだろうとか、英語が話せたらいくら稼げるのだろうなどと考えていたら、緊張感や焦燥感ばかりでかえってやる気がわかないような気がするし、語学を継続する原動力というのは、むしろここで挙げたような「魂の満足」なのかもしれないなと思う。

狭き門 (新潮文庫) [文庫] / ジッド (著); 山内 義雄 (翻訳); 新潮社 (刊)
狭き門(新潮文庫)
ジッド (著)、山内義雄 (訳)


関連記事:
忘れる ― 外国語を学ぶコツ
英語の勉強量なんて、みんな同じようなもの?
語学の上達のために必要なことを考える
英語学習の「5分+54年」を目指す
タグ:日記 語学
posted by ダイスケ at 01:36| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

英語の形容詞的受身:現象と文献の紹介

次の英文はどちらもbe+過去分詞を含んでいるが、その意味には違いがあることがわかるだろうか。

(1) The shop was closed by the clerk at 6 p.m. yesterday.
(2) The shop was closed till 6 a.m. yesterday.

(1)は、日本語にすると、「店は昨日午後6時に店員によって閉められた」という意味で、午後6時に店員がカギをかけるという〈動作〉を行ったことを表している。一方、(2)は「店は昨日午前6時まで閉まっていた」という意味で、これは、(あるときに店のカギがかけられ、その結果として)店は午前6時までカギがかかったままだったという〈状態〉を表している。

この二つの用法は、学校では明確に説明されることは少ないのではないかと思われるが、高校生向けの文法書には、(補足的な扱いではあるが)この違いが説明されている。(1)と(2)の例文は、『SEED総合英語 第3版』(文英堂、2010)から取ったものである(p. 145)。ちなみに、『総合英語Forest 第6版』(桐原書店、2011)でも「受動態で表す動作と状態」という項目(p. 157)があり、ほぼ同じ説明がある。

言語学では、前者を【動詞的受身verbal passive】、後者を【形容詞的受身adjectival passive】と呼ぶことがある。今回は、一般には言及されることの少ない形容詞的受身を取り上げて、いくつか文献を紹介したいと思う。

まず、注意したいのは、動詞的受身と形容詞的受身は、be+過去分詞という形は共有しているので、それだけでは区別できないということだ。したがって、単にThe shop was closed.と言っただけでは、〈動作〉とも〈状態〉とも解釈できる。区別するには文脈に頼るしかない。

区別するときには、形容詞的受身の次のような特徴が利用されることが多い。

A. 形容詞的受身は、by句によって動作主を表現することができない
B. 形容詞的受身は、形容詞の場合と同じように、be動詞以外のlook、remain、seemなどの動詞の補語になることができる

したがって、次の(3, 4)は一方の解釈に限定され、(5)のような文は容認されない。

(3) The window was broken by the theives.(動作)
(4) The window seemed broken.(状態)
(5) *The window seemed broken by the theives.(容認不可)

他にも形容詞的受身の特徴はいろいろあるのだが、それらを知るには次の文献が便利である(以下、言語学を勉強している人向け)。

■影山太郎. 2009. 状態・属性を表す受身と過去分詞. 影山太郎(編).『日英対照 形容詞・副詞の意味と構文』121-151. 東京: 大修館書店.

形容詞受身を概観するのにちょうどよく、引用されている文献も役に立つ。形容詞的受身を扱っている文献が日本語にあまり多くない気がするので(勉強不足なだけ?)、そういう意味でも便利である。同著者の『動詞意味論』(くろしお出版、1996)の第3章「完了形容詞」でも、形容詞的受身とそれに関連する現象が扱われている。

英語の文献では、次の文法書の記述を確認しておきたい。

■Quirk, Randolph, Sidney Greenbaum, Geoffrey Leech and Jan Svartvik. 1985. A Comprehensive Grammar of the English Language. London: Longman.
■Huddleston, Rodney and Geoffrey Pullum. 2002. The Cambridge Grammar of the English Language. Cambridge: Cambridge University Press.


Quirk et al.では、形容詞的受身にpseudo-passiveという用語を当てている(statal passiveという言い方も出てくる)。なお、動詞的受身はcentral passiveと呼ばれている。第3.77節にPseudo-passiveという項目がある。Huddelston and Pullumは、第10.1.3節がAdjectival passivesである。厳密な意味での受身はpassiveはveral passiveのみだとしている(その点はQuirk et al.でもpsuedo-passiveと言っているから同じか)。Quirk et al.よりも割いているページ数が多い。

生成文法の枠組みの分析はいくつもあるが、代表的なものとして次の二つを挙げる。

■Wasow, Thomas. 1977. Transformations and the lexicon. In Peter Culicover, Thomas Wasow and Adarin Akmajian (eds.), Formal Syntax, 327–360. New York: Academic Press.
■Levin, Beth. and Malka Rappaport. 1986. The formation of adjectival passives. Linguistic Inquiry 17, 623-661.


Wasowは、生成文法で形容詞的受身を扱った古典的論文。Levin and Rappaportは、与格交替や場所格交替(壁塗り交替)をする動詞の例なども挙げられている。

最近の論文としては、以下のものがある。

■Emonds, Joseph. 2006. Adjectival passives. In Martin Everaert and Henk van Riemsdijk (eds.), The Blackwell Companion to Syntax, Vol. I, 16-60. Oxford: Blackwell.

これまでの形容詞的受身の研究を概観し、独自の主張をしている。枠組みは生成文法だが、例文も豊富なので、その点でも便利。

認知文法の枠組みでは、次の文献がある。

■Langacker, Ronald W. 1990. Concept, Image, and Symbol: The Cognitive Basis of Grammar. Berlin: Mouton de Gruyter.


第4章The English passiveは、認知文法の考え方の紹介であると同時に、認知文法の英語の受身に対する応用でもある。基本的には、動詞的受身を分析するものだが、完了分詞(過去分詞)の多義性を扱うところで、形容詞的受身の意味についても言及がある(「形容詞的受身」という用語は使われていないが)。

形容詞的受身は、文献によってstatal passiveやpassive of resultなどと呼ばれることもあったり、研究者によって同じ用語でも微妙に指す範囲が違ったりするから、わかりにくいところがある。そして、昔から知られている現象のわりには、まだ研究の余地があるなという感じがする。受身って奥が深いですね。

関連記事:
英語の場所格交替:現象と文献の紹介
Semantic prosody:現象と文献の紹介
英語の同族目的語構文:現象と文献の紹介
英語のレシピに見られる目的語省略:現象と文献の紹介
英語の接頭辞over-:現象と文献の紹介
posted by ダイスケ at 23:15| Comment(0) | 言語学の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする