【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2012年04月24日

contact?それともcontact with?

高校の授業は1回50分、時間が限られているので伝えられることも絞らなければなりません。そのために、黒板を使うだけでなくプリントを配布することも多いのですが、せっかくなので、そのとき使ったものを再利用して、ブログでも紹介してみようと思います。今回は、contactという動詞を扱った後に出た質問に答えるときのものです。

*****

前回、授業でHe contacted all the members.(彼はメンバー全員と連絡をとった)という文が出てきました。contactは他動詞なので、前置詞の助けを借りずに目的語をとることができます。この文を扱ったときに、「contactにwithはいらないのですか?contactの後にwithがある文を見たことがあります」という質問を受けました。はたしてcontact withという表現は使われないのでしょうか?それは品詞を考えるとわかります。

動詞と名詞
まず、つぎの日本語を考えてみてください。

(1)彼らは新しい空港建設した
  (「新しい空港を建設する」は目的語+動詞)
(2)私たちは新しい空港建設に反対します。
  (「新しい空港の建設」は修飾語+名詞)

どちらも同じ「建設」という語が使われています。しかし、(1)では「新しい空港建設する」が目的語(新しい空港を)+動詞(建設する)の関係になっているのに対して、(2)では「新しい空港建設」が修飾語(新しい空港の)+名詞(建設)の関係になっています。その違いは、「」を使うか「」を使うかにも反映されていますね。

これに対応する英語は次のようになります。

(3)They constructed a new airport.
  (construct a new airportは動詞+目的語)
(4)We oppose the construction of a new airport.
  (the construction of a new airportは名詞+修飾語)

日本語と同じく(3)では、動詞(construct)+目的語(a new airport)の関係、(4)では名詞((the)construction)+修飾語(of a new airport)の関係です。英語の場合、目的語は語順で表すのでそれを示すものは表面上ありませんが、名詞修飾の場合は前置詞の力を借りるのでofが使われています。

これと同じことが、contactの場合にも起こります。次の例を見てください。

(5)You should contact her.(contact herは動詞+目的語)
  彼女と連絡をとるべきだ。
(6)He avoided contact with her.(contact with herは名詞+修飾語)
  彼は彼女との連絡(接触)を避けた。

(5)では、動詞(contact)+目的語(her)の関係ですが、(6)では名詞(contact)+修飾語(with her)の関係です。つまり、contactが名詞で修飾語が必要なときには、前置詞withを用いるのです

文法は目には見えない
constructとconstructionは見た目の上で違うので、動詞か名詞かは見ればすぐに判断できます。しかし、contactの場合は、動詞も名詞も同じ形なので、見た目で確認できないのです。そのため、動詞として使われているのか名詞として使われているのか、その都度判断しなければいけません。それによってwithを使うかどうかが変わります。次のような例の場合も同じです。

(7)A visit to the moon is no longer impossible.
  月への旅行ももはや不可能ではない。

visitは動詞のときには他動詞なので前置詞はいりませんが、(7)では名詞として使われているので前置詞toが必要です。

英語で難しいのは、意味を読み取るのにただ単語だけ見ていてはだめで、単語の品詞や文の中での関係(目的語や修飾語)を考えなければいけないときです。それらは、見た目の上ではヒントがない場合が多いのです。このような目には見えない文法の存在に気づけるようになると、英語がわかってきます。単語テストはある程度丸暗記でも通用するのに、文法のテストではそれができないのは、文法が目に見えないからです。目に見えないものは、なんとなくとらえどころがない気がして不安になりますが、それを乗り越えることができれば、英語が楽しくなります。文法を自分ひとりでしっかり判断できる状態を目指してがんばりましょう!そのためのできる限りのサポートを、この授業ではしていきたいと思います。

関連記事:見えなくても、聞こえなくても、大切なものはある
posted by ダイスケ at 02:12| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

再び、母校へ

この4月から、母校の高校で英語を教えることになりました。引き続き大学にも籍はおいて、非常勤講師として働いています。担任などはありません。母校で教えることが正式に決まったのが約一カ月前という状況で、いろいろとバタバタしたスタートでした。

ちょうど一週間授業をやりましたが、毎回試行錯誤の連続です。やるからにはできる限りよい授業をしたいと思っています。でも、自分が用意したことを伝えることに気を取られて、目の前の生徒のことを十分に考えられていないときもあったりと反省しています。

うまくいかないことも多いですが、教育実習から約3年経って、このような形で母校に帰ってこれたのはとてもうれしく思います。一歩一歩がんばります!

関連記事:母校へ
ラベル:日記 高校講師
posted by ダイスケ at 01:46| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

英単語、すぐ忘れちゃう

先日、ぼくの弟のブログ「中高生のあるある研究所」にお邪魔させてもらいました。

あるある研究所は、弟のノナとパグ夫くんによる現役大学生のブログです(ノナは、この3月大学を卒業しました)。

このブログでは、中高生のよくある勉強の悩みに対して、自身の経験をもとに解決法を提供しています。時間の使い方やメモの取り方のような実践的なもの、前向きになれるような勉強に対する考え方まで、さまざまな解決法が紹介されています。

単に悩みに共感するだけではなく、かといって一方的に特定の勉強法を押し付けるということもなく「自分でもちょっとした気の持ち方や工夫でできるようになるんだ、やってみよう」と思えるような取り組み方、姿勢の部分を伝えることを目指しています。ブログは全国の中高生の支持を得て、昨年その内容を再編した本が出版されました。(本の紹介記事を書こうと思っているうちに、ずるずると時間が過ぎてしましましたが、近いうちに記事をアップするつもりです)

中高生の勉強あるある、解決します。 [単行本]
池末 翔太, 野中 祥平 (著)
ディスカバー・トゥエンティワン (刊)

中高生の勉強あるある、解決します。 [単行本] / 池末 翔太, 野中 祥平 (著); ディスカヴァー・トゥエンティワン (刊)

今回は、がんばっている弟への応援として、英単語がなかなか覚えられないという悩みについて、ぼくなりの回答を紹介させてもらいました。
「英単語、すぐ忘れちゃう」問題編
「英単語、すぐ忘れちゃう」解決編


弟の目指す方向性に沿った上で、自分らしさも出せたかなと思いますので、よかったら見てみてください!
ラベル:英語教育
posted by ダイスケ at 23:53| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする