【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2010年04月22日

新しい生活

大学院の入学式から2週間。

大学院生としての生活はどう?と聞かれることもあるけれど、なんだかバタバタしていて「大学院生ってこんな感じ」というのはうまくことばにできない。
ぼくの場合、昨年の9月と今年の2月に大学院の試験に落ちているので、一時期は大学院生になれないことも考えていた(もちろん受かるつもりで勉強はしていたけど)。
3月の試験でやっと受かったので、それからまだ一ヶ月半しか経っていない。
目まぐるしい変化があって、なんだか落ち着いていられないが、今大学院生としてこうしていられることには、ただただ幸せを感じている。

大学院生になってのうれしい誤算は、文学系の人と仲良くなったことだ。
ぼくはいわゆる英文科というところにいるのだが、そこには英文学、米文学、英語学(言語学)の3種類の研究会が用意されている。
ただ、文学と言語学は同じ英語を扱っていても、関心も方法論も大きくちがっており、互いの学生が授業でいっしょになることもあまり多いとはいえなかった。
院生になっても授業でいっしょになってはいないが、院生用のスペースで会ったりして、なにかと交流する機会がある。
それがうれしくて、思わず修士1年生用のメーリングリストもつくってしまった。
今後お互いの関心や得意分野の話をしていけるかと思うと楽しみ。

ちなみに、今年は学部設置の英文学の授業にもひとつ出席することにした。
今まで言語学と教職の授業で手が回らなかったが、やっとそういう機会がめぐってきたような気がする。
英詩の授業は初めてだが、とても新鮮だった。
専門家が「自分がおもしろいと思っていること」を話しているのを聞くのは、やっぱりおもしろい。

全体的に、ちょっと欲張った時間割にしてしまったかもしれない。
学会にも応募したいし、自分のキャパシティを広げていく1年にしたい。
ラベル:日記 英文科
posted by ダイスケ at 23:52| Comment(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする