【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年10月30日

不思議であーる ― ドイツ語の前置詞

今回はドイツ語の前置詞。
ドイツ語では、代名詞が前置詞と合体することがある。
いきなりドイツ語だとこの記事を読んでくれる人が少なくなりそうなので、まずは英語から。

(1)
a. I work with the computer.
b. I work with it.

英語では、(1a)のthe computerを代名詞itにしたら、(1b)になる。
ドイツ語においては、(1b)の「with it」を合体させて、「itwith」(もちろん英語にはこんな語はない)のような形にすることができる。
(1)に対応するドイツ語は(2)になる。

(2)
a. Ich arbeite mit dem Computer.
b. Ich arbeite damit.

(2)のドイツ語は、(1)の英語と語順が同じなので、ich = I のようにそれぞれの単語が対応すると考えてほしい。
英語のときの(1b)の「with it」に相当するところがドイツ語では「damit」になっている。
英語のように前置詞+代名詞なら、「mit ihm」となるのだが、ドイツ語では物事を表す人称代名詞(英語のit)が前置詞と用いられる場合、ひとつにまとめてしまう。

このようにドイツ語では、「da- + 前置詞」という代名詞と前置詞の結合形があるのだが、前置詞が母音ではじまる場合は「dar- + 前置詞」になる。
発音しづらいためか、rを挟み込む。
(3)が「da- + 前置詞」、(4)が「dar- + 前置詞」の例である。
()にはほぼ対応する英語も示しておいた。

(3)
a. dadurch (durch = through)
b. dabei (bei = by)
c. dafür (für = for)

(4)
a. daran (an = on)
b. darüber (über = over)
c. darunter (unter = under)

それにしても、なぜ挟み込むのがrなのだろうか?
母音が連続するのを避けるだけなら、ほかの子音でもよさそうな気もする。
不思議だな。
そして、もっと不思議なのは、日本語にも同じようにrを挟む現象があることだ。

さて、日本語で母音の連続を避けるためにrを挟むときとは、どんなときでしょう?
次回の記事を更新するまでに考えてみていただければ幸いです。
(マニアックな問題だなあ 笑)
posted by ダイスケ at 01:32| Comment(8) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする