【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年10月30日

不思議であーる ― ドイツ語の前置詞

今回はドイツ語の前置詞。
ドイツ語では、代名詞が前置詞と合体することがある。
いきなりドイツ語だとこの記事を読んでくれる人が少なくなりそうなので、まずは英語から。

(1)
a. I work with the computer.
b. I work with it.

英語では、(1a)のthe computerを代名詞itにしたら、(1b)になる。
ドイツ語においては、(1b)の「with it」を合体させて、「itwith」(もちろん英語にはこんな語はない)のような形にすることができる。
(1)に対応するドイツ語は(2)になる。

(2)
a. Ich arbeite mit dem Computer.
b. Ich arbeite damit.

(2)のドイツ語は、(1)の英語と語順が同じなので、ich = I のようにそれぞれの単語が対応すると考えてほしい。
英語のときの(1b)の「with it」に相当するところがドイツ語では「damit」になっている。
英語のように前置詞+代名詞なら、「mit ihm」となるのだが、ドイツ語では物事を表す人称代名詞(英語のit)が前置詞と用いられる場合、ひとつにまとめてしまう。

このようにドイツ語では、「da- + 前置詞」という代名詞と前置詞の結合形があるのだが、前置詞が母音ではじまる場合は「dar- + 前置詞」になる。
発音しづらいためか、rを挟み込む。
(3)が「da- + 前置詞」、(4)が「dar- + 前置詞」の例である。
()にはほぼ対応する英語も示しておいた。

(3)
a. dadurch (durch = through)
b. dabei (bei = by)
c. dafür (für = for)

(4)
a. daran (an = on)
b. darüber (über = over)
c. darunter (unter = under)

それにしても、なぜ挟み込むのがrなのだろうか?
母音が連続するのを避けるだけなら、ほかの子音でもよさそうな気もする。
不思議だな。
そして、もっと不思議なのは、日本語にも同じようにrを挟む現象があることだ。

さて、日本語で母音の連続を避けるためにrを挟むときとは、どんなときでしょう?
次回の記事を更新するまでに考えてみていただければ幸いです。
(マニアックな問題だなあ 笑)
posted by ダイスケ at 01:32| Comment(8) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

英語を文章単位で学ぶ意義2

以前、英語を文章単位で学ぶ意義という記事を書いたが、今回はその第2弾。

今回も英語教科書に出てくる表現を図にしてみた。
教科書はUnicorn Iで、扱ったのはLesson 3 "ALEX THE PARROT"。

Lesson 3に出てくる表現

前回はある程度まとまりのある文章を読んで、関連する意味をもつことばを定着させていこうという趣旨だったが、今回は図そのものが本文の要約になるよう意識してみた。

ちなみに、この図は教職のゼミの発表で使ったもの。
高校や予備校で、本文の内容をこのようにまとめる授業を受けたことがある人もいるそうだ。
先生や友達から、最終的には生徒自身がこのような図を作れるといい、そのための訓練をする時間を設けてもいい、などのご指摘をいただき刺激になった。
タグ:英語教育
posted by ダイスケ at 22:12| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

I am making slow progress. ― ことばがつくる現実

ふとイギリスでの出来事を思い出した。

去年の夏休み、大学の短期在外研修プログラムでイギリスへ行った。
イギリスの大学でプログラム用の特別授業を受け、その後ティーチング・アシスタント(TA)であるその大学の学生を交えたディスカッション。

あるとき、ディスカッションの時間で、グループごとに話し合ったことを発表することになった。
話し合いの途中で「調子はどう?」とTAから聞かれた(もちろん英語で)。
話がなかなかまとまらないところだったので、調子がよい状況ではなかったが、そのときいっしょだった日本人学生が笑顔で
"We are making slow progress."
と答えた。

これを聞いて、はっとした。
そうか、slow(ゆっくり)ではあるがprogress(前進)なんだと。
否定を表すことばでも表現できたところを("We are not making much progress."など)、あくまで肯定文で表したことが自分にとっては新鮮だった。
もちろんslow自体がマイナスイメージのことばだと言うこともできるが、この表現のprogressに重きを置くことでプラスイメージを伝えるための表現となりうることが、とても大きいことのように思えた。

実際、"We are making slow progress."と"We are not making much progress."のちがいは客観的には存在しない。
それはむしろ話し手の見方、捉え方の問題だ。

同じ出来事を見ても異なる表現をすることで、物事の新しい認識の仕方を提供することができるのなら、またそれによって人は喜んだり悲しんだりできるのなら、ことばは現実を単に記号に置き換える手段というのではなくて、「ことばこそが現実をつくり出している」ということもできる。

ときには、何をしてもうまくいかず、前に進めないと思うことがあるかもしれない。
だが、それは長期的に見れば、大切な一歩を踏み出しているときかもしれない。
"I am making no progress."と表現したくなってしまう状況でも、見方を変えれば"I am making slow progress."と言ってもいいことを忘れないようにしたい。

先の学生の答えを聞いて、TAは笑顔を返した。
ぼくも笑顔になった。
タグ:英語 捉え方
posted by ダイスケ at 01:33| Comment(2) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

忘れる ― 外国語を学ぶコツ

外国語を勉強して感じることのひとつは、「どうしたら単語を覚えることができるか」だ。
教育実習のときに生徒にも質問された。

覚えたはずの単語がわからず辞書を引いて「そういえばそうだった。一度やったはずなのに」という経験は誰にでもあるだろう。
場合によっては、はじめに学んだときの努力が無駄だったかのように思えてしまう。

では、どうせ忘れてしまうのなら、はじめからやらなかったのと同じなのかといえば、それはちがう。
単語を忘れるためには(変な言い方だが)、すでに一度学習しており、かつまたそれに出会わなければならない。
そもそも知らない単語であれば、ただ「知らなかった」となるだけで、忘れることすらできない。
忘れるというのは、それだけ学習を続けた人だけが体験できる悩みである。
忘れることは学習が進んだ証拠なんだから、悲しむよりも喜ぶべきことかもしれない。
そういう気持ちで外国語に接するのも、外国語学習のコツになるだろう。

教育実習のときは、そういう形で答えることができなかったが、最近の英語・ドイツ語の学習を通してそう感じるようになってきた。
(教育実習のときにも、この質問にはいくつかのアプローチで回答したつもりだが、そのひとつはこちら

関連記事:
「魂の満足」としての語学
英語の勉強量なんて、みんな同じようなもの?
posted by ダイスケ at 00:53| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする