【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年06月29日

英語を文章単位で学ぶ意義 ― 実習での試み

生徒から英語の勉強で困っていることを聞いてみると、「単語が覚えられない(すぐ忘れる)」というのが多かった。
うちの学校では単語集が配布されているのだが、なかなか覚えるのは苦戦しているようだ。
そもそも単語集を使うこと自体に疑問がある人もいるだろうが、自分自身は単語集を使ったし役に立ったと思う。
やはり、絶対に触れておきたい単語などはあるわけなので。

単語集の弱点は、単語がバラバラに配列してあるので、互いに関連した意味をもっている単語に触れることができないことだ。
でも日本語を考えてみても、ことばをただバラバラに覚えているわけではないことは明らかだ。
たとえば、「絵」「絵の具」「筆」「塗る」などのことばのうちどれかを聞けば、別のものが連想できる。
母語であれば、そういうことばのネットワークが頭の中に自然と形成されてことばを覚えていくのだろう。

だが、外国語(英語)ではそうはいかない。
外国語でそうしたネットワークを作るには、一文だけでないある程度まとまった文章に意識的に触れるのが有効だ。
小説にしても、新聞にしてもある事柄に関する表現が何度も登場するので、単語や熟語の知識を整理するのに役立つ。

というわけで、実際に高校の授業で使っている教科書Unicorn UのLesson 6に出てくる語句を「連邦議会」「投票」「選挙」「選挙権」「戦争」という観点からまとめてみた。
一語というよりは、語句という感じになった。

Lesson 6に出てくる表現

投票することが認められていれば(be allowed to vote)、選挙権(the right to vote)を持っているということである。
連邦議会に立候補した(run for Congress)人のうちだれかに投票する(vote for...)。
連邦議会は、宣戦布告を行うか(declare war)か、それとも参戦しないでおく(stay out of a war)か投票して決める。続きを読む
posted by ダイスケ at 03:08| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

授業は生き物

先週、教育実習が終わった。
実習中は忙しくてブログを更新している場合ではなかったけど、思い出話はこれから書いていきたい。

基本的に担当したのは高2の英語(英語U)。
高2だけでなく、中学の授業のアシスタント(?)として参加したりしたので、合計25回の授業を任された。
場数を踏むことができたので、授業の反省をして改善をするには絶好の機会となった。

それにしても、授業は生き物のようだ。
授業をやるたびに生徒の反応がちがう。

同じことを説明しても、わかっていそうなクラスとわからなそうなクラスがある。
同じ冗談を言っても、笑うクラスがあれば笑わないクラスもある。
同じクラスで別のことを説明したら、前回ほど生徒が納得してなさそうだなってときもある。

授業が体育のあとだと生徒が教室に来るのが遅れる。
授業が昼休みのあとだとちょっと眠たそうにしていている。

びっくりするぐらい、授業は毎回様子が変わる。
授業がうまくいったかなと思う日もあれば、ダメだったと思う日もあって。
まさに一喜一憂。

まったく同じ授業は二度とないんだな。
毎回毎回工夫できるし、授業に完成形はないのだと思うと、非常にやりがいのある仕事だと思う。

さて、大学のほうに目を向けると。
授業後に感想や質問を書いて提出するよう求める大学の先生がいらっしゃるけど、その気持ちが今はすごくよくわかる。
学生からしてみたら面倒かもしれないけど、教える側はすごく気になるだろうなあ。
他にも授業をやる側の気持ちがちょっとわかるところがあって、今後は大学の授業の受け方もちょっと変わるかも。
ラベル:教育実習
posted by ダイスケ at 02:01| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

母校へ

6月から教育実習が始まった。
実習期間は3週間で、そのうちの2週間が終わる。
母校の高校(中高一貫校)で教育実習をやっているので、中高のときの先生方に再びお世話になっている。

教育実習をやってみて、先生方は当時自分が考えていたよりもずっといろいろなことを気にかけていたことがわかった。
ただ一方的に授業をやっているだけでなく、生徒の様子をうかがって臨機応変に対応している。
生徒が今教科書のどのページをやっているかわからなそうだったら、もう一度言う。
生徒があくびしたら、窓を開けて空気を入れ替える。
生徒が疲れていそうな顔をしていたら、雑談を交える。

プロの教師はそうしたことを生徒に言われる前に気づいている。
自分で授業をやってみると、授業を進めることで精一杯でそうしたことまでなかなか気が回らない。
また、授業中に生徒を指名して問題の答えを聞いているときなどはついその生徒だけに目が向いてしまい、教室全体の状況を把握していなかったということもある。
たまたま指名した生徒がわかっても、教室の多くの生徒がわからないときだってあるのだから、常に他の生徒にも目を配っていたい。

中高のときとはちがう視点で先生方を見ることができ、当時とは先生方に対する印象も変わった。
それだけでも、教育実習はおもしろい体験だと思う。

そうそう、自分は中学のときはどちらかといえば数学、理科がよくできたせいか、受験した学部を知らなかった先生には文学部で英米文学(といいつつ文学ではなくて英語学(言語学)だが)、取るのは英語の免許だというと驚かれたりして。

教育実習についてはまた書きます。
ラベル:教育実習 日記
posted by ダイスケ at 16:15| Comment(0) | 学習・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする