【ブログ紹介】
■大学芋はなんで「大学芋」という名前?「大学」+「芋」=「大学芋」と単純にはいえない。そう考えると、ことばには不思議がいっぱい。「大学芋」をきっかけにことばについて考えるブログです!
■はじめての方はこちらへ

2009年02月25日

過去形の-edからオノマトペ

今月から塾のバイトを始めた。中学生と高校生に英語を教えている。

塾のバイトをやるのは2度目で、1度目はもうだいぶ前になるが、そのときはあまり余裕がなかったのだと思う。自分のことで精一杯という感じで。

それに比べると、今は教えること自体を(「教える」なんていうのもおこがましいが)楽しめている気がする。そう、楽しいのだ。

生徒の姿は自分の過去の勉強を振り返る機会になる。中学高校のときに自分が疑問に思ったことを思い返したり、ときには当時気がつかなかった新しい発見がある。

現在の学習指導要領(英語)通りだと、中学1年の最後に(つまり今ごろ)動詞の過去形を習う。

規則動詞の過去形。-edの発音は3通りあると教えられる。以下は、中学1年生用の文法のテキストから(中1に対して容赦のない説明だなあ…)。

(1)[t]以外の無声音[k,p,f,s,tʃ,ʃ]のあと → [t](helpedなど)
(2)[d]以外の有声音のあと → [d](playedなど)
(3)[t],[d]のあと → [id](wantedなど)

有声音は、声帯(のど)の振動を伴って発する音、無声音は、声帯の振動を伴わないで発する音、[tʃ]はchの音で、[ʃ]はshの音だと大雑把に思ってください。
このへんは音声学の知識。

さて、実際に中1に教える際に、「有声音が…」などといってもしょうがないので、どうやって教えようかと思っていた。

k,p,f,s…などと発音していると、「クスクス」、「プププ」、「フフフ」という笑い声を表す擬音語(オノマトペ)を思いついた。

このときはじめて日本語の笑い声の擬音語は無声音を使うようだと気づいた。笑うときの息が出る感じが、無声音っぽいのかもしれない。

ただ、英語の笑い声は事情がちがうようだ。giggle, titter, chukle, snicker, sniggerなど、[ɡ]のように有声音が入っているものもある。日英で音の捉え方がちがうことを反映しているのか?

過去形のedを考えていたのに、いつの間にかオノマトペの日英対照ができたらおもしろいなんて思ってしまった。音声学はいい加減にしか覚えてないし、オノマトペの論文も読んだことないので、いつかちゃんと勉強してみたい。今回だいぶあやふやな知識で書いているので、用語の使い方が正しいか自信ない。一応音声学の教科書見たけど…。

でも、こうやって、ことばについて考えをめぐらせるだけで楽しい(笑)。

あ、ちなみに、-edの発音の教え方は
a. 基本的には[d]、
b. [t][d]のときは[id]、
c. 〈笑い声(クスクス、プププ、フフフ)〉[k,s,p,f]に〈集中シューチュー〉[ʃ,tʃ]するときは[t]

というように考えてみたのですが、どうでしょうか?
posted by ダイスケ at 04:50| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする